スポーツ

韓国女子の慶南が優勝 スプリング杯バレー

バレー(優勝した慶南)

第5回スプリングカップ中学生バレーボール大会が1、2日、石田スボーツセンターなどで開催され、韓国・釜山からの2チームを含む男子10チーム、女子11チームが出場。韓国の女子・慶南(キョンナム)は高さとパワーを発揮し、優勝を飾った。
慶南は平均身長173㌢で、韓国内でもトップクラスの実力を誇る強豪。エースのチェ・ソンファ(3年)は182㌢の長身で、真下に打ち下ろすような強烈なスパイクと、壁のようなブロックで相手を圧倒。決勝トーナメント準決勝は新宮(福岡県)を25‐6、25‐20のセットカウント2‐0で快勝し、決勝は第1回大会以来の優勝を目指す勝本との対戦となった。
平均身長155㌢と17㌢もの違いがある勝本は、チェのスパイクを春高バレーの九州文化のように拾いまくり、高いブロックに対してはコースを打ち分けたり、フェイントで揺さぶるなど、必死のプレーで食らい付いた。だが最後は身長とパワーの差が出て、25‐17、25‐18の2‐0で力尽きた。
勝本の大久保穂乃華キャプテン(2年)は「最初は大きくて怖そうだなと思っていましたが、ゲームをしていくうちに同じ中学生なのだから何とかなるはず、と思えるようになりました。負けたのは悔しかったですが、大きな相手にどのように立ち向かっていくか、勉強になりました」とこれまで対戦したことのないタイプのチームと試合ができたことを喜んだ。
勝本の西倫弘監督は「やはり日本のチームとはいろいろな面で違い、やり辛い面はありました。でも地元でこのような国際大会が開催されるのは、本当に喜ばしいことで、貴重な経験ができました」と初めて韓国チーム誘致に成功した関係者の労をねぎらった。
慶南のキム・ジョンナン監督は「思っていたよりも日本のチームが強くて苦戦しました。勉強になった面も多く、帰ってからこの経験を活かしたい。特に大会スタッフにはいろいろと気を遣ってもらい、自分たちが地元で開催する時の参考にしたいと思いました」と歓迎ぶりに感激していた。
男子決勝は次郎丸と南陵の福岡県勢対決。昨年3位の次郎丸が2‐0で勝ち、雪辱を果たした。郷ノ浦は3位決定戦で比田勝(対馬)を破った。韓国の金井は決勝トーナメント2回戦で南陵に敗れた。

【男子決勝トーナメント】▽1回戦
梅 林 2‐1 石 田
金 井 2‐0  原
▽2回戦
次郎丸 2‐0 梅 林
郷ノ浦 2‐0 勝 本
比田勝 2‐0 芦 辺
南 陵 2‐0 金 井
▽準決勝
次郎丸 2‐0 郷ノ浦
南 陵 2‐0 比田勝
▽3位決定戦
郷ノ浦 2-1 比田勝
▽決勝
次郎丸 2‐0 南 陵
【女子決勝トーナメント】▽1回戦
郷ノ浦 2‐0 久 田
新 宮 2‐1 比田勝
▽準決勝
勝 本 2‐0 郷ノ浦
慶 南 2‐0 新 宮
▽3位決定戦
郷ノ浦 2‐1 新 宮
▽決勝
慶 南 2‐0 勝 本

 

関連記事

  1. 車イスのまま搭乗可能 壱岐空港に専用スロープ
  2. 山本氏が無投票で再選 県議会議員選挙壱岐市選挙区
  3. 1802人が出走。ハーフ男子、川谷勇貴さん連覇。壱岐の島新春マラ…
  4. 1000個の宝で町おこし 壱岐の新たな魅力を発掘
  5. 総額208億5600万円 新年度一般会計予算案可決
  6. 県高校総体成績 大久保舞香が北九州大会へ
  7. 親子で月見だんご 原の辻ガイダンス
  8. 高校総体陸上2冠へ。松下翔紀(壱岐商3年)

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP