© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20185/18

「ウエストリー」に見る地方創生。

「WESTORY」(ウエストリー)というブランドを聞いたことがあるだろうか。長崎県北部にある3つの老舗縫製工場が昨年10月に立ち上げた、メイドイン長崎のオーダースーツブランドだ。

国内で流通するアパレル製品の97%は、安い労働力がある海外生産となっており、国内の縫製業界は苦境に立たされている。大手メーカーの下請けとして、男性用ズボンを作る「エミネントスラックス」(松浦市、創業1969年)、オーダースーツのジャケットを作る「アリエス」(平戸市、同1974年)、シャツを作る「ジョイモント長崎工場」(佐々町、同1967年)は、いずれも技術的には世界トップレベルにあるものの、工賃が上がらないため給料も上がらず、人が集まらなくて技術の継承ができず、存続の危機を迎えてきた。その同じ悩みを抱える3工場が生き残りをかけて立ち上げた新しいスーツブランドがウエストリーだ。日本の西から、もの作りの心、最高の技術、自分たちの物語を伝えていきたいという思いから「ウエスト」(西)、「エスト」(最高級)、「ストーリー」(物語)から造語し、命名された。

オーダースーツというと敷居の高さを感じるものだし、実際に3社が下請けとして縫製してきたジャケット、ズボン、シャツが大手メーカーから販売されると庶民には手が届きにくい価格になっていたが、下請け業者が直接販売するウエストリーでは、地元民が気軽にオーダースーツを購入できる価格設定を予定。販売網を持っていないため、当面は年に2回、松浦市の道の駅「海のふるさと館」での販売会のみとなるが、多数の問い合わせが寄せられている。

地方創生が叫ばれていながら、なかなか成功事例が見られない。その原因の1つが「地元の熱量」にあると言われている。地元で愛され、活用されるものでなければ、地元以外の人には受け入れられない。このウエストリーの事例こそ、地方創生のお手本になるのではないだろうか。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20189/21

島内で28年ぶりの日本酒造り。重家酒造「横山蔵」が稼働。

重家酒造(横山雄三社長)が有人国境離島法の雇用機会拡充事業を活用して石田町池田西触に建設した日本酒蔵「横山蔵」で14日、今年度の日本酒仕込み…

20189/21

どうなる壱岐空港滑走路。

壱岐市にとって近未来的な最大の問題は空路存続だ。ORCの後継機Q400型を支障なく運用するためには1500㍍滑走路が必要で、国、県に滑走路延…

20189/21

郷ノ浦図書館移転を協議。交通ビルを含めた再開発計画も。市議会一般質問

市議会定例会9月会議の一般質問が12、13日の2日間行われ、8議員が登壇した。鵜瀬和博議員は「図書館機能の充実について」のテーマで質問。老朽…

20189/14

「ようこそ、壱岐市へ」いきっこ留学生入市式

市教育委員会が本年度から始めた小中学生向け離島留学制度「いきっこ留学生」を利用し、市内の小中学校に2学期から留学した児童・生徒5人の入市式が…

20189/14

被災者の言葉に感動。

6日早朝に北海道を襲った最大震度7の大地震は、道内に大きな被害をもたらした。地震そのものによる被害も40人以上の死者が出るなど大きなものとな…

ページ上部へ戻る