地域情報

ツマアカスズメバチ、新たに1個体捕獲。

九州地方環境事務所は11日、壱岐市内で8日に特定外来生物であるツマアカスズメバチ1個体を捕獲したと発表した。

市内では昨年9月に初めて同種の侵入が確認され、その後の調査で11月に巣1個を確認。確認された個体、巣はすべて駆除したが、30年度は前年度に侵入が確認された地点(芦辺町)を重点地域として、市内全域にトラップによる調査を行った。4月24~28日にトラップ400個を設置し、8日に回収した芦辺町箱崎諸津触に設置したトラップから、同種1個体を確認した。10日までに4月に設置したすべてのトラップを回収したが、その後は確認されなかった。

同事務所は現在、トラップ約400個を新たに設置し調査を継続中。また捕獲された個体が女王バチか、働きバチかを調べるため、調査機関で確認を進めている。

関連記事

  1. 和光会「入所型障がい者支援施設 希望の丘」が開所。
  2. 人命救助の4人に感謝状 救急の日ちなみ消防本部
  3. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  4. 1年間の豊作を祈願。献穀田お田植え祭
  5. 芦辺地区第1分団 驚異の218点(ポンプ車) 郷ノ浦地区第7分団…
  6. 4事業に国の助成 離島活性化交付金
  7. 空港滑走路延長が急務。後継機の運用定員わずか27人。ORCが検証…
  8. 1~3月期8・3%減 長崎県観光動向調査壱岐ブロック

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP