地域情報

ツマアカスズメバチ、新たに1個体捕獲。

九州地方環境事務所は11日、壱岐市内で8日に特定外来生物であるツマアカスズメバチ1個体を捕獲したと発表した。

市内では昨年9月に初めて同種の侵入が確認され、その後の調査で11月に巣1個を確認。確認された個体、巣はすべて駆除したが、30年度は前年度に侵入が確認された地点(芦辺町)を重点地域として、市内全域にトラップによる調査を行った。4月24~28日にトラップ400個を設置し、8日に回収した芦辺町箱崎諸津触に設置したトラップから、同種1個体を確認した。10日までに4月に設置したすべてのトラップを回収したが、その後は確認されなかった。

同事務所は現在、トラップ約400個を新たに設置し調査を継続中。また捕獲された個体が女王バチか、働きバチかを調べるため、調査機関で確認を進めている。

関連記事

  1. 4会場で敬老会 70歳以上7598人
  2. 市民と委員にギャップ。原発再稼動に意見僅少。県原子力安全連絡会
  3. 一支国王都復元公園周回駅伝
  4. 松嶋さんが海上保安協会会長賞。未来に残そう青い海図画コンクール
  5. 短歌コンテストも開催。万葉公園開園50周年記念イベント
  6. 「ホタル鑑賞を観光資源に」清水橋付近で幻想的に乱舞。
  7. 「海の名人」に大久保照享さん イカ釣り漁一筋53年
  8. ファミリーマート島内1号店が開店 

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP