© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20184/27

壱岐の海を「センター」に。

以前の新聞社で芸能を担当していた時に、作詞家・秋元康さんの取材をしたことがある。AKBグループ結成前だったが、すでにおニャン子クラブで大成功を収めていた。秋元さんは「アイドル」の条件として、「何かひとつ、飛び抜けたものがなければ成功しない。水準以上に可愛い、歌やダンスが上手いというだけでは、すぐに埋もれてしまう」と話した。「三人娘と言われた山口百恵さんは14~15歳とはとても思えない、とてつもない雰囲気があった。森昌子さんはまさに天才的に歌が上手かった。桜田淳子さんは居るだけで周り全体が華やぐオーラがあった。超越した3人がたまたま同時代に誕生した奇跡のような出来事だった」と70年代アイドルを振り返った。だからこそ秋元さんは「普通に可愛い女の子」を多数集めて素質の違いをカバーし、おニャン子クラブ、AKBグループで大成功させたのだ。ただし、グループの中にも「センター」は必ずいる。中心になる1人の存在が、グループ全体をけん引しているのだ。

同じことを壱岐観光に当てはめて考えてみた。壱岐には魅力的な素材が溢れている。美しい海、歴史を感じさせる遺構や神社、ウニや壱岐牛の食材。どれをとっても一級品だ。だがどれも「トップアイドル」というほど抜きん出た存在ではない。それだけに市や観光連盟が、秋元さんのような手法で「素材の数」で壱岐を売り込もうとしているのは間違いではないとは思うが、その中で「壱岐にしかない」という「センター」を務める存在がまだ見当たらない。

素材の中でもっとも素質が高いと思われるのは、筒城浜、錦浜、大浜の静かな美しい砂浜ではないだろうか。美しい海は沖縄に多くあるが、ここまで雄大で人が少なく、「海」を実感できる海岸は全国にも少ない。多くの観光客が「離島」に求めるのも「海」であるはず。この砂浜をどのような「センター」に育て、売り出していくのか、その手腕が壱岐市に問われている。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20196/14

500人が壱岐路を疾走。サイクルフェスティバル

壱岐サイクルフェスティバル(第31回壱岐サイクルロードレース、同壱岐チャレンジロードレース、第19回壱岐ジュニアチャレンジロードレース)が9…

20196/14

島外者採用で新たな血を。

広報いき6月号に市の今年度新規採用職員が写真付きで掲載された。23人の若者たちのやる気あふれる表情には逞しさが感じられた。将来の壱岐市のため…

20196/14

九州政財界トップが集結。長崎IRを九州一体で支援。九州知事会議・戦略会議

第153回九州地方知事会議(会長・広瀬勝貞大分県知事)、第35回九州地域戦略会議(共同議長・広瀬知事、麻生泰九州経済連合会会長)が4、5日、…

20196/7

最後の泥んこバレー大会、地元「田の真吾」が連覇。

第6回壱岐の島泥んこバレー大会(同実行委員会主催)が2日、原の辻ガイダンス前の田んぼで開催され、島外からの5チームを含む12チーム、約150…

20196/7

さらに観光サイトが必要か。

先日、ネットニュースの東洋経済ONLINEに興味深い記事が掲載された。日本遺産審査委員会の設立当時から委員を務めている小西美術工藝社のデービ…

ページ上部へ戻る