© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201311/1

シャッター通りを活性化するには。

syasetsu 商店街でいう“シャッター通り”とは、商店が閉店し、シャッターを下ろした状態が目立つ、衰退している様をいう。
商店街の衰退は、人口減少はもちろんだが、車でや郊外へ買い物に出かける生活スタイルが定着したことに起因する。
2000年、大規模小売店舗法が改正され、全国各地の郊外に大型ショッピングセンターや映画館、専門店街などの機能を揃えた複合施設が乱立。大型無料駐車場をも完備することから商店街に匹敵する機能をもつようになった。商店街は十分な駐車場を持たず、流行に合わせた商品の目新しさや価格競争に負け、客が流出。一気に衰退するという構図だ。
そのような中、シャッター通りを2年半で空き店舗ゼロとした、別府駅の北高架商店街が話題になっている。同商店街は1966年に営業を開始。かつては飲食店街だったが、2011年3月には全13店舗中9店が空き店舗という、「シャッター通り」の典型だった。流れを変えたのは同年4月、同商店街入り口の角地に出店したカフェ。「より多くの人が集う場所にしたい」と店内に作家の芸術作品を展示したり、夜は別の人にカフェバーを運営させることで、昼と夜で違う客層を集めた。
また商店街のイメージ一新を図るため、壁や柱に地元の画家が絵を描き、12年4月からは毎週土曜日に路地でフリーマーケットを開催。空き店舗を地元の芸術イベントの会場にするなど、新たな客層を呼び込むのに成功している。「駅に近くて個性的な商店や経営者がいるのが魅力」と、空き店舗に若手店主の出店が相次ぎ、出店者が出店者を呼ぶ好循環が生まれた結果だ。
同商店街は「各店舗が個性的でトップクラスの仕事をすれば、歴史ある別府の文化を発信していくことが出来る」と自信を覗かせた。
来年4月には消費税が8%となり、商店街活性化に本気で取り組まないとますますシャッター通りの空洞化は進み、商店街がなくなってしまう事態も起きかねない。壱岐市の商店街も後継者ら若手同士が集まり、「まったく別の客層を集める手段」を考えてはどうか。そういう機運の高まりや努力がなければ、昔ながらの商店街に未来はない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20205/25

プレミアムチケット完売。6月1日から第2回発売。

壱岐市の緊急経済対策第1、2弾が着々と進行している。 5千円で8千円分の飲食に利用できるプレミアム商品券第1回は、7日から5千セット(総額…

20205/25

県中総体も中止が決定。市大会は開催の方針。

県中学校体育連盟は18日、7月26~28日に予定していた県中学総合体育大会を中止することを決定した。 大会には例年、県内各地から3千人…

20205/25

幻想的な光のショー。ゲンジボタルの乱舞始まる。

初夏の壱岐の風物詩となっているホタルの乱舞が5月初旬から始まり、すでにピークを迎えつつある。 長崎地方気象台によると今年のホタル初見は…

20205/18

小・中学校が7日再開。田河小で1年生歓迎集会。4月21日以来の登校。

新型コロナウイルス感染症拡大防止策のため臨時休校していた市内の小・中学校が、7日から再開した。当初は4月6~15日の臨時休校だったが、16日…

ページ上部へ戻る