© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20173/31

ゆず種子から化粧水開発。壱岐旅館組合「女将の会」

壱岐旅館組合事業部「女将の会」(中原恵美子部長、18施設)は壱岐産ゆず種子油を利用した化粧水「壱岐のべっぴ~んしゃん」を商品化し、23日に壱岐の島ホールで完成説明会を開いた。農産物を活用した化粧品開発は本市では初となる。
同商品は「毎日の生活にハリと潤いがありますように」がコンセプト。壱岐産ゆず種子油のほかに、ヒアルロン酸やプラセンタ、ローヤルゼリー、コラーゲンなどを配合し、試作段階から「お肌がスベスベになる」「しっとりする」などの感想が女将らから寄せられていた。
化粧水開発は壱岐商業高校生徒開発のレトルト食品「アッパレカレー」を指導した黒木正剛さん(株式会社はかた本舗代表)が担当。化粧品の種類は何にするか検討することから始め、商品名やコピー、ラベルデザインなどを、昨年10月から計6回の座談会を通じて意見交換した。
中原部長は「座談会を通じ、マーケティングの理解を深めることで、商品化するためのノウハウが参考になった。今後の女将の会の活動に活かしたい」と話した。
同組合は加盟施設の女性用化粧室に試供品を置き、観光客向けの情報発信を検討している。
農事組合法人壱岐ゆず生産組合(長嶋邦昭組合長)は原材料の1次加工を行う際、年間1~2㌧のゆず種子が未利用資源となっているため、種子の利活用が急務だった。長嶋組合長は「未利用資源のゆず種子を上手く活用できた。化粧水の販売が好調ならば、化粧品のシリーズ化も考えたい」と語った。
化粧水はJA壱岐市などで4月以降の販売予定(内容量150㍉㍑・希望小売価格1944円・税込)。平成28年度第1回県農商工連携ファンド事業の一環として開発された。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20193/22

壱岐初の朝食漁師レストラン「かもめの朝ごはん」開店。

壱岐で初めての漁師レストラン「かもめの朝ごはん」が16日、郷ノ浦漁協セリ市場に隣接した一角で開店した。運営は壱岐美食企画(永村義美代表)。有…

20193/22

島外の生活を知ることも重要。

3月は別れの季節。県振興局や教職員の人事異動、島外に進学・就職する高校生らが、七色の紙テープに見送られながら港から島を去っていく。何度経験し…

20193/22

福岡市が博多駅~博多港間のロープウェー計画断念。本市の観光誘客にも大きな痛手。

福岡市議会は13日の3月議会最終本会議で、博多駅と博多港を結ぶロープウェー計画を検討する5千万円の予算を削減した、新年度予算案の修正案を可決…

20193/15

アンパンマンに大歓声。JA壱岐市がショー開催。

JA壱岐市は3日、芦辺町の壱岐家畜市場多目的集出荷場施設内で「JA共済アンパンマン交通安全キャラバン」を開催。午前中の第1回公演には400人…

20193/15

天井が低い大谷体育館。

2、3日に開催されたスプリングカップ中学生バレーボール大会には、島外からも多くの参加があり、男女ともに地元の芦辺が優勝して盛り上がった。残念…

ページ上部へ戻る