地域情報

最大瞬間風速34.5メートル 台風14号が通過

台風14号が17日午後にかけて本市付近を通過し、最大瞬間風速は壱岐空港で2009年以降の観測で4位となる34・5㍍の北風を観測。勝本町西戸触で降り始めからの雨量が115㍉を記録するなど大荒れとなった。

市は午後3時に災害対策本部を設置。市内全域に警戒レベル3「高齢者等避難」を発令。同5時から各町の4か所に自主避難所を設け、最大で35世帯42人が避難した。市危機管理課によると、自宅の窓ガラスが割れ、市民1人が足の指を数㍉切る被害が出た。また柳田地区を中心に190世帯の停電が発生。光ケーブルの断線も23か所見つかった。

関連記事

  1. 幸福の使者コウノトリ飛来 但馬との友好関係を深める
  2. 長崎版画を体験 歴文移動博物館
  3. クロカン&トレイル練習会 沼津・小牧崎公園で初開催
  4. 今年も水質AA 市内の4海水浴場
  5. 知事賞に壱岐高歴史学専攻5人。定光寺前遺跡を研究、論文に。第14…
  6. 芦辺JF桟橋破損 復旧に1か月以上か
  7. 「壱岐の未来に貢献したい」 成人式で誓い新た

おすすめ記事

  1. 自然農法のアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  2. 壱岐警察署で初イベント 白バイ試乗、音楽隊演奏
  3. 筒城浜の景観保全 筒城小児童らが除草

歴史・自然

PAGE TOP