地域情報

初年度2026匹を捕獲。イスズミハンター。

市磯焼け対策協議会が2~3月に初めて実施したイスズミ捕獲員(イスズミハンター)による捕獲で、期間中2026匹の捕獲に成功したことがわかった。
同協議会は、海水温の上昇や魚などによる食害で海中の藻場が減る「磯焼け」を防ぐ目的で、昨年8月に市や壱岐振興局、5漁協で発足。市内の漁業者にイスズミ捕獲員を募集し、65人の捕獲員で取り組んでいた。

関連記事

  1. 議会は「庁舎建設が必要」と結論 採決は賛成11、反対3 庁舎建設…
  2. ランドセルカバー贈呈 市商工会青年部 
  3. 壱岐市民に支援を呼び掛け ウクライナ出身の小野ヤーナさん
  4. 市独自で幅広い業種へ支援金。1事業者当たり20~30万円。前年同…
  5. ソメイヨシノが満開
  6. 副署長に草場長崎署留管課長 。県警定期異動。
  7. 市長選3候補インタビュー
  8. 「平茂晴」顕彰碑が除幕。長崎和牛支えた名種雄牛。

おすすめ記事

  1. プレミアム付き商品券 9日まで4庁舎で販売
  2. 本市が北海道東川町と協定 職員派遣で人口増の秘訣探る
  3. 民生委員・児童委員 90人に委嘱状を伝達

歴史・自然

PAGE TOP