地域情報

浴衣姿で出迎え 博物館アテンダント

一支国博物館は七夕祭り期間の5、6日、館内アテンダントの女性職員全員が浴衣姿を披露。今年で5回目を迎える夏の風物詩で、出迎え、見送りを受けた観光客からは「梅雨空のうっとうしさを晴らしてくれた」などと歓迎された。
1階エントランスホールに飾られた大きな笹竹には、来館者が願い事を書いた短冊が吊るされた。旅行中なのか「晴れますように」とてるてる坊主的な願いや、惜しくも叶わなかったが「なでしこジャパンが優勝しますように」など、様々な思いで埋め尽くされた。七夕飾りは8日、住吉神社に奉納された。
同館の6月実績は、総入館者数8778人で前年同期比120・8%。常設展入館者数4522人で同131・1%と好調に推移した。

 

関連記事

  1. イノシシを罠で捕獲。140㌔のオス。
  2. 65の体験メニューを再構築 料金・時間・内容を見直し 壱岐島ごっ…
  3. 勝本中が全国大会1勝 1回戦で成田(宮城)破る 全国中学 軟式野…
  4. 勝本が完封勝ちで優勝。市長旗争奪中学軟式野球。
  5. 給食に県産魚。壱岐は7日にマダイ。
  6. 港湾整備3点に前向き回答。印通寺港、初山漁港は初要望。壱岐市から…
  7. 渡野幹大が都大路を疾走。全国高校駅伝鎮西学院3区。
  8. 川下さんが聖火ランナー。1.8㌔を8人でリレー。

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP