地域情報

浴衣姿で出迎え 博物館アテンダント

一支国博物館は七夕祭り期間の5、6日、館内アテンダントの女性職員全員が浴衣姿を披露。今年で5回目を迎える夏の風物詩で、出迎え、見送りを受けた観光客からは「梅雨空のうっとうしさを晴らしてくれた」などと歓迎された。
1階エントランスホールに飾られた大きな笹竹には、来館者が願い事を書いた短冊が吊るされた。旅行中なのか「晴れますように」とてるてる坊主的な願いや、惜しくも叶わなかったが「なでしこジャパンが優勝しますように」など、様々な思いで埋め尽くされた。七夕飾りは8日、住吉神社に奉納された。
同館の6月実績は、総入館者数8778人で前年同期比120・8%。常設展入館者数4522人で同131・1%と好調に推移した。

 

関連記事

  1. 新顔イルカ3頭が仲間入り 今年度中にさらに3頭増頭 イルカパーク…
  2. 「温かい受け入れに感謝」 ウクライナ避難民のヴィクトリアさん
  3. 那賀が接戦制す 壱岐友杯少年野球
  4. 芦辺港のピアノ鮮やかに 画家 コガワ健太さんがペイント
  5. 特養老人ホーム「壱岐のこころ」開所
  6. 松本泰晟さんが全国2冠 中国語コンテストで壱岐高勢大活躍
  7. 282人で百人一首大会 壱岐高・虹の原分教室
  8. 廃校舎ドローン教室に マリンハビタット壱岐が開所式

おすすめ記事

  1. 初の日曜開催で賑わう 育児サークルが「おゆずり会」
  2. 平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

歴史・自然

PAGE TOP