© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20176/16

社説・観光資源活用にひと工夫を

壱岐の観光は「素材を最高なのに十分に活かし切れていない」という言葉が当てはまるのではないだろうか。
例えば、壱岐の最大の魅力である美しい海。筒城浜、錦浜、大浜、辰の島などの海水浴場は沖縄にも匹敵するほどの美しさで、しかも芋洗い状態の都会近くの海水浴場と違いゆったりと堪能できる。福岡からの海水浴に絶好の場所だ。
だが島内での移動手段が何とも乏しい。7月21日から8月16日は郷ノ浦港と石田町の3海水浴場を結ぶ臨時バスが運行される予定だが、1日3往復で期間は短い。芦辺港や壱岐空港は通常の路線バスとなる。壱岐チャリを増台させているが、港からはかなりの距離があり、海水浴に活用するのは現実的ではない。
宿泊客なら民宿による送迎があるが、日帰り客は自家用車の航送、レンタカー利用が必要なケースが多いだろう。家族連れならともかく、若者のグループには金銭的に厳しい。なるべくお金を落としてくれる宿泊客、家族連れの来島がベターなのは判るが、若者の情報発信力は大きいし、将来にもつながる。
海水浴場の評価を左右する大きな要因が「海の家」だ。適正な料金、親身なサービス、清潔さ、独自のメニューなどがその評価のポイントとなる。近くにコンビニなどがない壱岐の場合は、よりその存在が重要になるのだが、果たして海水浴客が満足できる内容だろうか。
夕暮れ以降は夕焼けの美しいビーチと満天の星空を眺め、波音をBGMにカウンターでカクテルやスイーツなどを楽しめる少しおしゃれな施設があれば、日帰り客が宿泊するようになるかもしれない。
筒城浜にはせっかくキャンプ場があるのだから、民宿の副業として手頃な価格でテント、バーベキュー具材などキャンプ用具の貸し出しや食材販売、テニス用具の貸し出しなどを行うことも可能ではないだろうか。
せっかくの壱岐の素晴らしい「素材」を、もっと活用できるようなひと工夫が求められている。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/18

新春マラソンに1817人出走。ハーフ男子は川谷勇貴さん優勝。

第33回壱岐の島新春マラソン大会(同実行委員会主催)が13日、芦辺・ふれあい広場を発着とする特設コースで開かれ、6部門33種目に延べ1817…

20191/18

壱岐の「本物」育成が必要。

年末年始は仕事以外は外出せずに、テレビを観る時間が多かった。動画のネット配信に押され気味だと言われているテレビだが、見応えのある番組もあった…

20191/18

こどもセンターの事業充実を。子育てサークル4団体が要望。

「子育ての島・壱岐」の充実に、保護者たちが立ち上がった。市内子育てサークルの「おひさま」「さくらんぼ」「たんぽぽの会」「笑(えみ)」の4団体…

20191/4

4月下旬リニューアルオープン。イルカパークを観光の目玉に。

昨年12月14日からリニューアル工事のため休園している壱岐イルカパーク(勝本町)が、GW前の4月下旬に営業を再開する。運営は壱岐パークマネジ…

20191/4

胸熱くした田中さんの疾走。

12月23日に京都市で行われた第30回全国高校女子駅伝に長崎県代表として初出場した長崎商業高校のキャプテンとして、芦辺中学出身の田中亜可梨さ…

ページ上部へ戻る