© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20164/8

壱岐市長選候補者② 武原 由里子候補(51=無所属・新)

武原 由里子候補(51=無所属・新)

<第一声>
 「2月12日から50日余り、島内をくまなく5百㌔近く歩き、多くの人に会って、大きな力をもらってきた。変えんといかんよ、いまのままじゃダメ、あんた頑張りなさい、と多くのおじいちゃん、おばあちゃんにパワーを頂いた。最初は名前も知られていなかったが、後半は相手から手を振ってもらえるようになり、力が沸いてきた」。
 「この島が子どもたちの笑顔であふれ、それを見た大人も笑顔になるよう島を元気にするためには、新しい風、女性の柔らかくしなやかな力が必要だ」。
 「2万8千人みんなが幸せになる町づくりをするため、1人1人の声を市政に反映させていく。市民がワクワクする壱岐市にするために戦っていく」。
<主な公約>
 ▽農畜産業・水産業で生活できる支援体制確立▽子どもを育てたくなる島に▽高齢者・障がい者・女性に優しい島づくり▽地元業者応援▽壱岐の「宝」を生かした観光振興▽ふるさと納税20億円▽弱い立場の声を聞く市長に。
<略歴>
 熊本県菊池市生まれ。熊本大学教育学部卒業。元小学校教諭。元市民団体代表。元県男女共同参画推進委員。
武原由里子候補




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20188/10

壱岐定期公演「旅・はるかなる壱岐」。未来座

劇団未来座・壱岐は2日、一支国博物館3階多目的ホールで、第5回定期公演「旅・はるかなる壱岐~小山弥兵衛を救え~」(原作・柴田東一郎、西瀬英一…

20188/10

食育推進に給食の活用を。

7月31日に長崎市内で、長崎県食育推進県民会議が開催された。社会環境や世帯構造が変化し、食に起因する生活習慣病、食や食文化に関する意識の希薄…

20188/10

長島が小型ポンプ県初優勝。芦辺ポンプ車は全国出場逃す。消防操法県大会

第34回長崎県消防操法大会(県、県消防協会主催)が5日、大村市の県消防学校で開催され、小型ポンプの部で本市代表の郷ノ浦地区第7分団2部(長島…

20188/3

初山小が団体戦準優勝。子供自転車県大会

第43回交通安全子供自転車長崎県大会が7月24日、長崎市の県立総合体育館で開かれ、壱岐地区代表として37年連続出場した初山小学校が、団体戦出…

20188/3

人口減少対策に定住促進策を。

県内の首長らが県と意見交換を行って課題解決に臨む「長崎!県市町スクラムミーティング」が7月19日、長崎市内で開かれ、本市からも白川博一市長、…

ページ上部へ戻る