地域情報

盲導犬を知ってほしい 壱岐初のユーザー 寺田さん

 

本市初の盲導犬、ラブラドールレトリーバーのハリー(雄、2歳)が昨年11月から芦辺町の寺田克守さん(53)と共に生活している。
寺田さんは8年前に視力を失った。昨年10月に約3週間、公益財団法人九州盲導犬協会(福岡県糸島市)で訓練し、現在はハリーと自宅周りの散歩や買い物に出掛けている。
寺田さんは12月28日、壱岐島開発総合センターで、同協会の盲導犬歩行指導員、豊島めぐみさん=郷ノ浦町出身=と共に記者会見を開き、盲導犬について理解を求めた。
寺田さんは「障害物や段差を安心して歩ける。道路を横断する時に車が来たら犬が教えてくれるので安心」と利便性の向上を喜ぶ。
その一方、歩道を歩く時に、車を避けているつもりでも避けきれず、ドライバーから怒られることもあるという。寺田さんによると、盲導犬を連れたユーザーは道路左側を歩くが、盲導犬はユーザーの左側を歩くため、ドライバーからは盲導犬が人の陰に入り見えにくい。また、身体障害者補助犬法で受け入れ義務があるにも関わらず、飲食店や宿泊施設で断られることもあるという。
寺田さんは「盲導犬だけでなく、車椅子や聴覚障害などハンディキャップがある人への理解が、盲導犬をきっかけに広がっていってほしい」と話した。
豊島さんは「盲導犬はハーネス(胴輪)をしているときは仕事中で、基本的に触らず声を掛けず温かく見守ることをお願いしている。寺田さんとハリーが困っている時は、寺田さんに『手伝えることはありませんか』と声掛けをお願いしたい。壱岐では初めての盲導犬だが、特別な存在ではなく、当たり前に社会に受け入れられる存在になってもらえたら」と話した。

関連記事

  1. 特養老人ホーム「壱岐のこころ」開所
  2. 海難事故供養に卒業生が漕ぐ 勝本ペーロン大会
  3. 総額208億5600万円 新年度一般会計予算案可決
  4. 地域学校協働で文科大臣表彰。志原っ子育成協議会。
  5. 壱岐の重文3宝が揃い踏み 人面石・亀形飾金具・二彩陶器
  6. 「九州探検隊」アンバサダー。博多大丸と認定証締結。
  7. 1600羽超が通過 渡り鳥アカハラダカ
  8. 「スカイ」と「みらい」。イルカ2頭の名前決まる。

おすすめ記事

  1. 筒城浜で心身を鍛錬 剛柔流空手道合同寒稽古
  2. 第10回壱州祭が29日まで開催 高校生による文化芸術祭
  3. 初の定期演奏会開く 市消防音楽隊ハミングバーズ

歴史・自然

PAGE TOP