© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20164/1

島内企業情報誌 中高2年生に配布

市、壱岐振興局、ハローワーク壱岐は14日、若者の地元定着促進を目指して「壱岐市内企業情報」の冊子を作成し、市内両高校と市教育委員会に6百部を贈呈した。市内中学校・高校の2年生全員に配布する。企業情報誌の作成は市内では初めて。今後は毎年、作成する。
冊子は全88ページで、市内35社の会社概要、施設紹介、スタッフの声などが写真付きで網羅されている。表紙は壱岐商2年高尾美沙希さんの「将来への希望」をテーマにしたイラストを採用した。
ハローワーク壱岐の中村浩樹所長は「従業員の声で会社のPRや仕事をやりがいを紹介してもらい、求職者に判りやすい内容になった。今年は高校卒業生のうち33人が地元就職と、昨年よりも6人増加した。この冊子によって来年はさらに増えてもらいたい。市ホームページでも公開されるので、UIターンの人にも活用してもらいたい」と期待を込めた。
壱岐高校の中山淳教頭は「これまで資料集めを就職担当者が手作業で行っていたので、とても助かる。いままでにない就職情報誌だ」、壱岐商業高校の吉田惣治校長は「アンケートでは66%の生徒が将来は壱岐に戻って来たいと答えている。その希望に沿う助けになるし、進路の幅が広がる」と話した。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

20192/15

堀江貴文さんとIki-Biz森センター長が対談イベント。地方の豊かな可能性を説く。

実業家の堀江貴文さん(46)とIki‐Bizの森俊介センター長(34)が11日、壱岐の島ホールで対談イベント「これからの地方の可能性」(Ik…

20192/8

今年も合宿オーディション。BiSHメンバーも参加。

昨年3月に本市で行われた芸能事務所WACK(東京都)の合宿オーディションが、今年も3月24日から30日まで、本市で開催されることが同事務所か…

20192/8

明石市長問題で考えること。

市職員に対しての暴言で辞職した兵庫県明石市の泉房穂前市長の話題がテレビのワイドショーで大きく取り上げられ、ネットでも様々な意見が噴出している…

ページ上部へ戻る