スポーツ

壱岐Girlsは1回戦敗退 全日本小学生女子ソフトボール

第9回春季全日本小学生女子ソフトボール大会が3月26~28日、熊本県菊池市の菊池公園多目的グラウンドなどで行われ、全国都道府県の代表42チームが出場した。
長崎県代表の壱岐Girls(竹下泰弘監督、11人)は1回戦で桜林スポーツ少年団ガールズ(愛知)と対戦し、1‐13で敗退した。壱岐のエース・竹下真愛投手は、市内では男子相手でも抑え込める速球が武器だったが、全国レベルの桜林打線には確実にミートされ、守備陣のエラーも重なり、序盤から大量失点。打線も桜林のエース・妹尾美郷投手に2安打に封じ込まれ、敵失から1点を返すのがやっとだった。桜林は準優勝だった。
竹下監督は「相手は大半が5年生で、レベルが違った。エラーも多く、もっと鍛え直さなければと感じた。それでも全国レベルのチームと試合ができたのは大きな財産になったはず」とチームの成長に期待した。

 

関連記事

  1. 県大会10連覇達成!! ポンプ車の部・芦辺地区第1分団 県消防操…
  2. 松田脩生さんは全国優勝 中国語コンテスト壱岐高6人入賞
  3. 2人と1団体に市長特別表彰 バレー田中さんは2度目の受賞 作文・…
  4. 第65回郡市対抗県下一周駅伝成績 小学生区間で壱岐Aが優勝
  5. 武原由里子さんが講演 父母と教職員の会
  6. 32年ぶりの日本一達成 全国消防操法大会ポンプ車の部 芦辺地区第…
  7. ウニキャラの名前変更
  8. 壱岐市はウォークラリー開催 ねんりんピック長崎2016

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP