スポーツ

壱岐Girlsは1回戦敗退 全日本小学生女子ソフトボール

第9回春季全日本小学生女子ソフトボール大会が3月26~28日、熊本県菊池市の菊池公園多目的グラウンドなどで行われ、全国都道府県の代表42チームが出場した。
長崎県代表の壱岐Girls(竹下泰弘監督、11人)は1回戦で桜林スポーツ少年団ガールズ(愛知)と対戦し、1‐13で敗退した。壱岐のエース・竹下真愛投手は、市内では男子相手でも抑え込める速球が武器だったが、全国レベルの桜林打線には確実にミートされ、守備陣のエラーも重なり、序盤から大量失点。打線も桜林のエース・妹尾美郷投手に2安打に封じ込まれ、敵失から1点を返すのがやっとだった。桜林は準優勝だった。
竹下監督は「相手は大半が5年生で、レベルが違った。エラーも多く、もっと鍛え直さなければと感じた。それでも全国レベルのチームと試合ができたのは大きな財産になったはず」とチームの成長に期待した。

 

関連記事

  1. 2167人が走り初め 第29回壱岐の島新春マラソン 田中が大会新…
  2. 兵庫県朝来市と調印 パートナーシップ宣言
  3. 元ホークス戦士が実践指導。壱岐若鷹会が少年野球教室。
  4. 人口減少対策など11項目 中村知事に要望書提出
  5. 児童が一般質問 盈科小模擬議会
  6. 住民説明会26日から実施 市庁舎建設で意見聴取 菊森会長出席
  7. 壱岐高で入会式 ヒューマンハート部
  8. 子牛市は平均61万5660円 史上最高記録をさらに更新 壱岐家畜…

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP