地域情報

大規模災害時に協力 測量設計コンサルタンツ協会

協定書(協定書を締結した両者)県測量設計コンサルタンツ協会(森重孝志会長、19社)は22日、「大規模災害発生時における被害状況調査協力に関する協定書」の締結を、壱岐振興局(松尾明彦局長)と結んだ。
協定は震度5弱以上の地震、津波、大規模な台風、豪雨が対象で、道路、橋、ダムなどが被災した際に、協会加盟会社が被災状況の調査などで振興局職員を手助けするもの。市内では高松設計コンサルタントが同協会に加盟している。
松尾局長は「壱岐は災害が少ない島と言われているが、平成17年の福岡西方沖地震では震度5強を観測した。絶えず災害への備えが必要であり、協定の申し出は大変に心強い。力を合わせて円滑な災害対応に努めたい」と挨拶。森重会長は「被災状況把握、情報収集、早期復旧などの手助けができるようにハード・ソフト両面で協力し、安全安心な社会の構築の一助となりたい」と話した。

関連記事

  1. 子牛平均価格82万3千円 11市場連続の歴代最高更新
  2. キューバの島から壱岐の島へ 笹原直記副市長インタビュー
  3. 6種目で大会新記録が樹立 第38回ナイター陸上競技大会
  4. 武生水が大会新で2連覇 郷ノ浦町内一周駅伝
  5. 熱帯夜にフラダンス 筒城浜でフェス開催
  6. 壱岐商野球部、6人が体験入部し9人揃う。秋季大会出場へ向け練習開…
  7. 小中学校にアジサイ寄贈。郷ノ浦町文化協会盆栽部会。
  8. 長嶋立身会長が再任 観光連盟総会が非公開で開催

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP