地域情報

住吉神社で園遊会

w住吉神社で行われた園遊会の参加者 花見をしながら壱岐神楽も鑑賞市林業研究同志会(江川漣会長)主催の「春の園遊会」が3月26日、芦辺町住吉神社の「壱岐やまざくらの森」で開催され、同会会員、住吉地区公民館員、同神社氏子、東京壱岐雪州会員ら30人が参加。花見をしながら壱岐神楽見物、餅まき、酒宴で麗らかな春の一日を楽しんだ。
同森は平成21年1月に東京壱岐雪州会からの寄付金で、市林業研究同志会が壱岐やまざくら4品種60本を植樹。地元公民館、神社氏子らが管理を行ってきた。植樹6年目を迎えた今年は花見ができるまでに成長したことから、寄付、管理への感謝の気持ちから園遊会を実施した。
壱岐やまざくらはツクシヤマザクラの地域変種の一つで、通常のヤマザクラに比べて多花性で、花、がく、若葉の色が多様なのが特徴。耐潮性があり、テングス病にも強く、ソメイヨシノの2倍以上の150~200年の寿命がある。
開花時期は品種によって違い、この日は早咲きの「湯ノ香」が来客者の目を楽しませた。同森では5月まで、各品種が次々に開花を続けていく。江川会長は「この園遊会を100年、200年続くものにしていきたい。この森が市民憩いの場になってくれたら嬉しい」と話した。

関連記事

  1. 外来魚360匹駆除 60㌢超ブラックバスも
  2. 目指せ!3度目優勝 26日に離島甲子園1回戦
  3. 内閣総理大臣賞受賞を報告。壱岐地区更生保護女性会。
  4. 中学生が平和宣言。壱岐市戦没者追悼式
  5. 壱岐高生徒も参加 北京五輪応援プロジェクト
  6. 第65回郡市対抗県下一周駅伝成績 小学生区間で壱岐Aが優勝
  7. ハイジャック訓練実施 6機関が連携を確認
  8. 壱岐Jrリレー県大会連覇。8月18日横浜全国大会出場。

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP