友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201512/5

2時間26分の死闘、勝本準優勝 玄界灘親善少年軟式野球大会

第12回壱岐市長旗争奪玄界灘親善少年軟式野球大会が11月21日から23日まで、芦辺ふれあいグラウンドなどで行われ、佐賀県、福岡県、島内から各7チームの計21チームが出場した。
決勝は勝本少年野球クラブと少年野球平尾クラブ(福岡)の対戦。勝本・坂口、平尾・木口両投手の好投で1‐1のまま延長に入ったが、8、9回とも両チーム無得点。延長10回からタイブレーク(無死満塁からスタート)に突入し、10回は両チーム1得点ずつで、さらに延長が続いた。
11回表、平尾は遊ゴロ、中前安打、二ゴロと当たりの緩いゴロで3得点を挙げた。11回裏、勝本は先頭の坂本が三遊間を抜き1点を返したが、続く川上が浅い右飛でタッチアップできず、山口は右邪飛、小松は三振。勝本は3‐5で敗れ、準優勝に終わった。試合時間2時間26分の大熱戦だった。
勝本・大久保雄三監督(32)は「こんなに熱い試合は初めてだった。優勝には一歩足りなかったが、たった1人の6年生の女子キャプテン・坂本が、本当によくチームをまとめてくれた。11回にはタイムリーも放ったし、3番打者、守りの要のセカンドとしてもよくやってくれた」と坂本菖(あやめ)主将(6年)の功績を称えた。
坂本主将は「決勝で負けたのは残念だったが、準優勝という結果は嬉しい。延長11回まで、チームがひとつになって力を出すことができた」と胸を張った。坂本は中学進学後はソフトボール部でこの経験を活かしていく。
3位決定戦は石田少年野球クラブが2‐1で呼子シールス(佐賀)を下した。
【成績】▽1回戦 西唐津6‐1博多の森、三輪8‐3相知、鏡7‐0志免、桂川8‐1佐志、鬼塚8‐7宇美
▽2回戦 西唐津2‐0田河、那賀2‐1鏡、桂川5‐2盈科、呼子8‐1霞翠、七隈2‐1鬼塚、勝本4‐1湊、石田2‐0三輪、平尾3‐2鯨伏
▽3回戦 石田3‐0西唐津、平尾5‐1那賀、呼子2‐1桂川、勝本3‐1七隈
▽準決勝 平尾6‐3石田、勝本5‐4呼子
▽3位決定戦 石田2‐1呼子
▽決勝
平尾00100000013-5
勝本01000000011-3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20211/20

封じ込め成功を表明、謝罪も=白川市長

市は20日、午後5時時点で新たな新型コロナウイルス感染者がいなかったと発表した。 行政検査者数はゼロだった。 12月28日以降の累計陽性…

20211/19

6日連続で感染者ゼロ

市は19日、午後5時時点で新たな新型コロナウイルス感染者がいなかったと発表した。 行政検査者数はゼロだった。 12月28日以降の累計陽性…

20211/18

5日連続感染者ゼロ

市は18日、午後5時時点で新たな新型コロナウイルス感染者がいなかったと発表した。 行政検査者数は3人だった。 12月28日以降の累計陽性…

20211/18

田河小・神田教諭が受賞。文科大臣優秀教職員表彰。

県は4日、学校教育における教育実践などに顕著な成果を上げた教職員、教職員組織を称える本年度文部科学大臣優秀教職員表彰の受賞者13人(小学校1…

ページ上部へ戻る