友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201512/5

2時間26分の死闘、勝本準優勝 玄界灘親善少年軟式野球大会

第12回壱岐市長旗争奪玄界灘親善少年軟式野球大会が11月21日から23日まで、芦辺ふれあいグラウンドなどで行われ、佐賀県、福岡県、島内から各7チームの計21チームが出場した。
決勝は勝本少年野球クラブと少年野球平尾クラブ(福岡)の対戦。勝本・坂口、平尾・木口両投手の好投で1‐1のまま延長に入ったが、8、9回とも両チーム無得点。延長10回からタイブレーク(無死満塁からスタート)に突入し、10回は両チーム1得点ずつで、さらに延長が続いた。
11回表、平尾は遊ゴロ、中前安打、二ゴロと当たりの緩いゴロで3得点を挙げた。11回裏、勝本は先頭の坂本が三遊間を抜き1点を返したが、続く川上が浅い右飛でタッチアップできず、山口は右邪飛、小松は三振。勝本は3‐5で敗れ、準優勝に終わった。試合時間2時間26分の大熱戦だった。
勝本・大久保雄三監督(32)は「こんなに熱い試合は初めてだった。優勝には一歩足りなかったが、たった1人の6年生の女子キャプテン・坂本が、本当によくチームをまとめてくれた。11回にはタイムリーも放ったし、3番打者、守りの要のセカンドとしてもよくやってくれた」と坂本菖(あやめ)主将(6年)の功績を称えた。
坂本主将は「決勝で負けたのは残念だったが、準優勝という結果は嬉しい。延長11回まで、チームがひとつになって力を出すことができた」と胸を張った。坂本は中学進学後はソフトボール部でこの経験を活かしていく。
3位決定戦は石田少年野球クラブが2‐1で呼子シールス(佐賀)を下した。
【成績】▽1回戦 西唐津6‐1博多の森、三輪8‐3相知、鏡7‐0志免、桂川8‐1佐志、鬼塚8‐7宇美
▽2回戦 西唐津2‐0田河、那賀2‐1鏡、桂川5‐2盈科、呼子8‐1霞翠、七隈2‐1鬼塚、勝本4‐1湊、石田2‐0三輪、平尾3‐2鯨伏
▽3回戦 石田3‐0西唐津、平尾5‐1那賀、呼子2‐1桂川、勝本3‐1七隈
▽準決勝 平尾6‐3石田、勝本5‐4呼子
▽3位決定戦 石田2‐1呼子
▽決勝
平尾00100000013-5
勝本01000000011-3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20214/5

風舞組が休館前最後の演奏。勝本・西部開発総合センター。

3月末で休館が決まった勝本町の西部開発総合センターのホールで、同所を活動拠点としていた壱州太鼓演奏集団の風舞組(中上良二代表、12人)が3月…

20214/5

椎の木からサクラ。鳥が実を運び成長。

3月下旬から市内各所でサクラが満開を迎えたが、旧沼津中学校近くの民家には、椎の木の先端から生えたサクラがあり、道行く人を楽しませている。 …

20214/5

原田酒造が初仕込み。県内唯一のクラフトビール醸造所。

県内唯一のクラフトビール醸造所、原田酒造(原田知征代表取締役)の「アイランドブリュワワリー」は3月24日から仕込みを始めた。今後、週1回のペ…

20213/29

成人の誓い新たに。市成人式199人出席。

新型コロナの感染拡大で1月10日から延期となっていた令和3年市成人式が20日、壱岐の島ホールであり、新成人199人(男91人、女108人)が…

ページ上部へ戻る