お知らせ

壱岐SCが県中総体出場決める 厳原FC相手に5-0快勝 クラブチーム 初の出場

サッカークラブチームの県中学総体予選が14日、芦辺ふれあい広場で開かれ、壱岐サッカークラブ(SC)と厳原フットボールクラブ(FC=対馬市)が30分ハーフで対戦。壱岐SCが前半2点、後半3点を奪う猛攻で5‐0で勝利し、県中学総体(7月22~24日、場所未定)への出場を決めた。部活動改革の一環で今年度から中学総体に地域スポーツクラブの出場が認められることになり、県内では18競技86団体(登録選手数491人)が県中体連に登録。サッカー競技の県中総体出場条件は「クラブユース連盟に加盟していないチーム」に限定されたことで、登録は準備の整った壱岐SC(16人)、厳原FC(20人)の2チームだけとなり、両チームによる出場1枠を争う予選大会となった。

 

 

関連記事

  1. 道下さんが壱岐で合宿。リオの銀メダルを報告。
  2. 「壱岐の華」金賞受賞 福岡国税局酒類鑑評会
  3. 市民病院でコンサート クリスマス気分味わう
  4. 4種目で優勝 マスターズ陸上
  5. 谷繁、和田さんがコーチング。壱岐の島野球教室
  6. 史上初のW女子横綱誕生 一支國幼児相撲大会
  7. 最優秀賞に牧山武さん 市フォトコンテスト
  8. 長岡美桜 (郷ノ浦)全国大会へ U‐16ジャベリックスロー

おすすめ記事

  1. 環境大臣表彰を市長に報告 市地球温暖化防止対策協議会 地域環境保全功労者表彰受賞
  2. 7月1日壱岐焼酎の日 一斉に乾杯イベント
  3. 横山社長「水素エネルギーで酒造り」 重家酒造100周年式典で表明

歴史・自然

PAGE TOP