スポーツ

渡良Aが2年連続3度目の優勝。盈科Aとのデッドヒートを制す。

第18回壱岐ロータリークラブ小学生駅伝大会が4日、筒城浜ジョギングコースで開催され、市内18校から26チームが出場した。
今年3月に1周1000㍍のゴムチップ舗装コースが完成したことで、今年からコースを変更。1、6区は芝生区間200㍍を含む1・2㌔、3~5区はゴムチップ舗装コース1・0㌔となった。
気象コンディションは気温15・8℃、風速3・8㍍。スタート直後から雨が降り出し、レース後半はかなり強い降雨の中で行われた。
女子の精鋭が揃った1区は、田河A・田中咲蘭(6年)が圧倒的な強さを見せた。芝生部分のスタートから思い切り飛び出すと、後続との差を広げる一方。走り幅跳びで全国小学生陸上に出場した盈科A・長岡幸奈(6年)に13秒差をつける3分55秒で、2区以降に大きなアドバンテージをもたらせた。1・2㌔コースで4分を切ったのは男子の6区でも1人だけで、田中の中長距離での能力の高さを遺憾なく発揮した。
だが2区以降は大混戦になった。選手層の厚い渡良A、盈科A、勝本Aなどがその差を徐々に詰め、3区で盈科A・田崎小春(6年)が首位に立ち、4区は勝本A・坂口空(6年)が先頭に。さらに5区は盈科A・山内菜々子(6年)がトップを奪い返し、アンカーに襷(たすき)が渡った。
盈科Aのアンカー・小山征吾(6年)がスタートしてから14秒後、3番手で襷を受けたのが渡良A・竹下紘夢(5年)。全国小学生陸上5年百㍍で全国4位の記録を持つスプリンターだが、昨年のこの大会では4年生ながら4区(0・9㌔)で2分43秒の区間新記録をマークしたように、中長距離でも高い能力を示している渡良Aの絶対的なエースだ。
竹下はスタートしてすぐに3秒先にスタートしていた勝本Aを抜き2番手に進出。8百㍍地点で逃げる盈科A・小山を捉えてトップに躍り出た。だが小山も決してあきらめない。芝生コースに入った残り2百㍍で竹下のすぐ後ろにピッタリと付き、激しいデッドヒートを繰り広げた。
ゴールテープは竹下がわずか1㍍、1秒差で1番ポーズを決めながら切り、渡良Aに2年連続3度目の優勝旗をもたらせた。竹下は「連続優勝ができたことが何よりも嬉しい。14秒差があったが、絶対に抜けると信じて、落ち着いて走った。先頭に立ってからも盈科Aがずっと後ろに付いていたので、いつ抜き返されるかと思い、必死に走った」とチームの優勝に安どの表情を浮かべた。
渡良Aは区間賞こそ6区竹下だけだったが、1~5区の各選手の区間順位は8、4、4、3、3位と全選手の総合力の高さが連覇の大きな要因になった。
準優勝の盈科A・小山は「みんなが先頭で襷をつないでくれたのに悔しい」と涙を流したが、区間2位の4分01秒は3位に7秒差の立派な記録。絶対にあきらめない姿勢を見せつける名勝負だった。

【区間賞】▽1区 田中咲蘭(田河A)3分55秒▽2区 立川聖(志原)3分17秒▽3区 田崎小春(盈科A)、土肥さくら(勝本A)3分33秒▽4区 坂口空(勝本A)3分24秒▽5区 山内菜々子(盈科A)3分34秒▽6区 竹下紘夢(渡良A)3分46秒

関連記事

  1. 新庁舎は大谷公園に建設 白川市長が候補地を明言 議会庁舎建設 特…
  2. イルカのパルフェが死亡
  3. 壱岐署で武道始め 柔道・剣道で汗
  4. 壱岐市ソフトテニスジュニア選手権春季大会
  5. ダーツで健康に 広島県立大研究者ら実証実験
  6. 走った・跳んだ・闘った 中体連陸上・相撲大会
  7. 7候補地を三段階で評価 壱岐振興局との共同化も検討 市庁舎建設検…
  8. 車イスのまま搭乗可能 壱岐空港に専用スロープ

おすすめ記事

  1. ジャガイモ「壱岐黄金」 平人営農組合が収穫祭
  2. 小島神社参道改修の支援募る 田河まち協と氏子会が連携
  3. 守時タツミピアノコンサート 22日 一支国博物館で開催

歴史・自然

PAGE TOP