© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201510/22

速報 白川市長が三選出馬表明

白川博一市長(65)が来春の市長選に三選出馬を表明した。
白川市長は22日に開かれた市議会定例会10月会議の締めくくりの挨拶で、「来年4月17日の任期まで半年を切った。庁舎建設に関する住民投票結果について、自分なりに総括し、財政(合併特例債)があるうちに建設しようとしたが、市全体のグラウンドデザインを明確に示すことができなかったことに尽きる」と庁舎建設問題についての反省を述べた。
一方で「後援会に相談したところ、“市長は市民のためになると判断し提案した。最終的に民意に従ったことは潔かった”と言っていただいた」と後援会は三選出馬に前向きな評価をしていることを示した。
政治課題として「航路運賃低廉化、漁業燃油補助、雇用確保などに期待のかかる国境離島新法は、臨時国会の開催が微妙となっており、来春の通常国会では成立してもらわなければならないが、予断は許さない状況だ。県離島振興協議会、全国離島振興協議会の会長としても、成立に全力を尽くしたい」と懸案の国境離島新法成立への思いを語った。
また「10月会議で第2次壱岐市総合計画案が議決された。人口減少対策は待ったなしの課題であり、着実に実行しなければならない。笹原副市長とともに総合計画実現に向けて尽力したい。壱岐市には大きな課題が山積している」と更なる市政運営に強い意欲を見せた。
その上で「8年間の経験と人脈を活かして、全力でぶつかっていく決意をした」と出馬を表明した。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20184/20

初代メンバーが1日限り復活。風舞組25周年記念公演。

壱州荒海太鼓「風舞組」(町田光浩代表)の結成25周年記念公演が14日、勝本文化センターで開かれ、約300人の観客が詰めかけた。風舞組は199…

20184/20

人口減少問題が深刻さ増す。

有人国境離島法の施行から1年が経過し、様々な離島振興策がスタートしている。だがすべての事業が順調に始動したわけではない。何か新しいことを始め…

20184/20

郷ノ浦港観光案内所が開設。ガラス張りで明るさを強調。壱岐ちゃり37台レンタル施設も。

本市観光の窓口である郷ノ浦港フェリーターミナルの隣接地に13日、壱岐観光サービス拠点施設「郷ノ浦港観光案内所」と「壱岐ちゃりサービスステーシ…

20184/13

アマミサソリモドキの研究。壱岐高科学部が成果発表。

壱岐高校科学部(野田龍生、岩永凌征、松嶋真次)は、このほど発刊された「島の科学」平成30年3月号(壱岐「島の科学」研究会発行)に論文「壱岐島…

20184/13

本質を見極める目が必要。

現代は「情報過多の時代」と言われている。情報不足よりはまだ良いのかもしれないが、総務省の平成28年度調査によると携帯電話の世帯普及率は95・…

ページ上部へ戻る