© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20159/8

壱岐高体験入学に島外から9人 東アジア歴史・中国語コース

壱岐高校(鶴田勝也校長、454人)「東アジア歴史・中国語コース」の宿泊体験・体験入学が8月28、29日に行われ、島外から9人、島内3人の計12人(女子4人)の中学3年生と、その保護者ら計26人が参加した。
島外からは神戸、福岡などの8校から参加し、28日に下宿や主要商業施設などを訪問し、壱岐市での生活を視察した。
29日は島内からの参加者も合流して、学校概要・コースの説明会、在校生による体験談、中国語・歴史学授業体験、一支国博物館見学などを行った。参加者は卒業後に上海外語大、立命館大、関西大、福岡大などの指定校への推薦での進学が可能なこと、ハウステンボスなど一流企業への就職にも有利であることなどの実例に耳を傾けた。
在校生代表として鈴木岳斗さん(2年)は「以前に台湾に住んでいたことがあり、中国語を極めて世界に羽ばたく人材になりたいと思い、神奈川から離島留学した。最初はほとんど話せなかった中国語が、1年半でコンテストに2回優勝することができ、上海留学ではアメリカ、フランス、モンゴルなどからの学生たちと中国語で会話ができた。語学力だけでなく、人と積極的に話せるコミュニケーション能力が養われた」と同コースの魅力を語った。
大阪から離島留学して半年の久田拓生さん(1年)は「原の辻遺跡の発掘体験など、他の学校では体験できない貴重な授業があった。寮はトイレ、風呂が共同で気を遣うことも多いが、それが自身の成長につながっている」と高校から自立した生活を送ることのメリットなどを紹介した。
鶴田校長は「北海道からも問い合わせがあった。今回は来島できなかったが、10月31日の第2回コース体験入学には参加してくれるかもしれない。このコースが着実に全国に浸透していることを感じている。さらに魅力を発信し続けていきたい」と来年度は定員に20人に迫る入学希望者が現れることに期待を込めた。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/22

木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。

勝本町布気触の旧鯨伏小学校跡地に建設中だった社会福祉法人壱心会(岩永城児理事長)の特別養護老人ホーム「壱岐のこころ」(山内一也施設長)の開所…

20192/22

観光客が求める体験型メニューは。

県観光連盟が実証実験として販売している「長崎しま旅わくわく乗船券」の売れ行きが不振だと、長崎新聞に掲載された。昨年10月末の販売開始から今年…

20192/22

県内数人の快挙!壱岐商初の全商7種目1級合格。情報処理科3年、山口愛実さん。

壱岐商業高校(長池純寛校長、271人)の山口愛実(あみ)さん(情報処理科3年=芦辺中出身)が、昭和24年(1949年)の同校創設以来初めての…

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

ページ上部へ戻る