© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20158/25

社説・ハウステンボスに見習うこと

佐世保市のハウステンボスが好調な業績を続けている。2015年9月期第2四半期時点の入場者は前年比6・7%増の160万2千人。経常利益は8・7%増の50億7700万円。9月期通期では、入場者数10%増の307万人、宿泊者数10%増の33万5千人を目標に設定し、取扱高は15%増の301億円、営業利益は30%増の95億円、経常利益は初となる100億円(20%増)を目指している。夏休みに入りさらに入場者数は増加しており、目標達成は濃厚な状況だ。
03年に会社更生法の適用、再建計画提出後も不振が続いていたハウステンボスが大きく生まれ変わったのは、10年にHISが支援に乗り出してからだった。その後は大規模なイルミネーションやガーデニングをはじめ、漫画「ONE PIECE」やAKB48とのコラボ、AR(仮想現実)技術や3Dマッピングなど先端技術を活用したアトラクション、和牛能力共進会開催や歌劇団学院の開校など幅広い分野の企画を「これでもか」と出し続け、「ハウステンボスへ行けば何かがある」と観光客に思わせることに成功した。
今年もスタッフの大半がロボットの「変なホテル」、初めての天然温浴施設「ハウステンボス天然温泉やすらぎの館」、ヘルスケアリゾート「健康と美の王国」などを続々とオープンさせ、さらに大手電力会社の送電網を使わず太陽光と風力で賄う新型発電システムで電力を完全自給する実証実験を始めた。
民間と自治体とを一概に比べることはできないが、この発想の自由さとスピード感を、壱岐市の改革にもぜひ取り入れてもらいたい。本市では今年、観光振興計画策定、景観条例施行を行い、現在は人口減少対策、まち・ひと・しごと創生総合戦略、第2次総合計画に取り組んでいるが、委員からはハウステンボスのような斬新なアイデアは出されていないし、スピード感もまったく感じられない。金銭的な負担はあったとしても、民間の頭脳と行動力をもっと取り入れていくべきではないだろうか。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20193/22

壱岐初の朝食漁師レストラン「かもめの朝ごはん」開店。

壱岐で初めての漁師レストラン「かもめの朝ごはん」が16日、郷ノ浦漁協セリ市場に隣接した一角で開店した。運営は壱岐美食企画(永村義美代表)。有…

20193/22

島外の生活を知ることも重要。

3月は別れの季節。県振興局や教職員の人事異動、島外に進学・就職する高校生らが、七色の紙テープに見送られながら港から島を去っていく。何度経験し…

20193/22

福岡市が博多駅~博多港間のロープウェー計画断念。本市の観光誘客にも大きな痛手。

福岡市議会は13日の3月議会最終本会議で、博多駅と博多港を結ぶロープウェー計画を検討する5千万円の予算を削減した、新年度予算案の修正案を可決…

20193/15

アンパンマンに大歓声。JA壱岐市がショー開催。

JA壱岐市は3日、芦辺町の壱岐家畜市場多目的集出荷場施設内で「JA共済アンパンマン交通安全キャラバン」を開催。午前中の第1回公演には400人…

20193/15

天井が低い大谷体育館。

2、3日に開催されたスプリングカップ中学生バレーボール大会には、島外からも多くの参加があり、男女ともに地元の芦辺が優勝して盛り上がった。残念…

ページ上部へ戻る