© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

最優秀賞に郷ノ浦・貞方陽菜さん 第65回中学生弁論大会

第65回社会を明るくする運動・中学生弁論大会(壱岐地区保護司会主催)が7日、壱岐文化ホールで行われ、市内4中学校から各2人、計8人が「犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ」などについてのテーマで、5分以内の弁論を行った。
最優秀賞に輝いたのは「笑顔のちから」の演題で弁論した貞方陽菜(ひな)さん(郷ノ浦3年)。発達障害があり特別支援学校に通う妹の、純粋な笑顔に学び、何度も助けられている経験から、「妹の笑顔には不思議な力がある」「妹は笑顔という最高のプレゼントを持って生まれてきてくれた」「妹の笑顔は太陽のように私たち家族を照らしてくれている」と愛する妹を讃えた。
また、マザー・テレサの「平和は微笑みから生まれます」という言葉を引用し、「みんなが笑顔でいられる時、それこそが真の平和」と平和について思いを巡らし、「私の将来の夢は特別支援学校の先生になること。今度は私の笑顔でたくさんの人を笑顔にしたい」と人生の目標について満面の笑顔で、制限時間ジャストの5分間で思いを伝えた。
貞方さんは「昨年の大会で先輩の発表を聞いた時から『来年は私が妹の笑顔のことを発表したい』と決めていた。先に発表したみんながすごくうまくて圧倒され、メチャクチャ緊張したが、妹・咲嬉(10歳)の笑顔を思い浮かべると、私も笑顔で発表ができました」と妹と一緒につかんだ最優秀賞を喜んだ。
貞方さんは7月30日に長崎市のサンブリエールで開催される県大会に市代表として出場する。「県大会ではもっと声量を上げ、身振り手振りなどさらに感情を込められるような弁論をしたいです」と目標を語った。
【弁論発表者】▽佐々木二千夏(芦辺3年)「私の弟」▽竹下桃香(芦辺2年)「言葉のもつ力」▽中村咲希(勝本3年)「つなぐ」▽貞方陽菜(郷ノ浦3年)「笑顔のちから」▽下條佳乃(勝本3年)「ひじきのおばちゃん」▽安川涼菜(石田3年)「限度を考える」▽川上葵(郷ノ浦3年)「言葉から始まるいじめ」▽藤本真希(石田3年)「努力することの意味」

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/21

VファーレンU‐15入部。壱岐SSC・山田大翔さん。

壱岐少年サッカークラブ(SSC)に所属する山田大翔(ひろと)さん(瀬戸小6年)が、4月からVファーレン長崎U‐15アカデミーに入部することが…

20202/21

元ホークス戦士が実践指導。壱岐若鷹会が少年野球教室。

福岡ソフトバンクホークスの応援を通して島内の野球振興などに取り組んでいる壱岐若鷹会(西村善明会長)は11日、芦辺・ふれあい広場で、ソフトバン…

20202/21

雨海、野村が区間賞。県下一周駅伝大会。

第69回郡市対抗県下一周駅伝大会が2月14~16日、長崎市茂里町の長崎新聞社前発着の42区間407・3㌔に11チームが出場して行われ、壱岐は…

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

ページ上部へ戻る