地域情報

イルカのひかり死亡 今年3頭目の訃報

勝本町の壱岐イルカパークで飼育されていたイルカの「ひかり」(メス、平成27年3月導入)が7日朝、死んでいるのを同パーク飼育員が発見した。死因は現在、壱岐家畜保健衛生所で調査している。
市観光商工課によると、ひかりは数日前から体調を崩しており、血液検査の数値も悪く、治療を行っていたという。
同パークのイルカは、今年4月に開園当初から飼育されていたパルフェが老衰で、8月には昨年導入したばかりのラシカが肝繊維症で死んでおり、今年3頭目の死亡。現在飼育されているのは24年4月導入のあずき、ステラ、26年3月導入のエイラ、27年3月導入ののぞみ(いずれもメス)の計4頭となった。
市は相次いだイルカの死亡の原因究明や水質汚染状況、今後の導入方針などについて専門家を招いて話し合う飼育環境検討委員会を16日に開く。

 

関連記事

  1. 山川静子さんが受賞 食生活改善で感謝状
  2. 高校生の文化芸術祭 一支国博物館で開催
  3. 市内で新規感染者3人判明。経済回復策を発表した直後。行政検査31…
  4. Iki‐Bizが閉所。相談は3年間で2095件。
  5. 栽培漁業に新たな可能性
  6. 疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。
  7. 猿川伊豆「長崎街道プレミアム」 県特産品新作展で最優秀賞
  8. 芦辺小にピアノ寄贈 作詞家松坂さん遺族

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP