© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20157/18

社説・唐津フェリーの早朝、深夜運航を

壱岐に来て丸3年が経過したが、先日、佐世保での高校野球を取材するため、初めて印通寺~唐津フェリーに乗船した。「エメラルドからつ」に乗船していたのは乗客約20人と乗用車1台、トラック2台のみ。船室はガラガラだった。
唐津港フェリーターミナルに到着したが、建物前にはバスもタクシーもいない。JR西唐津駅まで歩こうにも、案内板もない。スマホの地図を頼りに約15分で到着したが、駅を示す看板もなく、何とも不安な気持ちで歩かざるを得なかった。
そこから唐津、伊万里、有田と3回の乗り換えを経て、佐世保駅に到着したのは印通寺を出航してから5時間後だった。長崎市内へ行くにしても、ほぼ同様な時間が掛かる。
高校野球2試合が終了したのが午後2時半過ぎ。佐世保市営球場から松浦鉄道で佐世保に戻り、時刻表を見たが、この時間から唐津へ向かっても最終フェリーに間に合わない。結局、前日入りして2泊を余儀なくされた。同じ長崎県だというのに、その不便さを改めて痛感した。
市議会一般質問では唐津フェリーターミナルから長崎市内へ向かうバス「レインボー壱岐号」の再開を何人かの議員が要求したが、市長の答弁は「県に要望する」などにとどまっている。唐津が佐賀県であることも、長崎県からの要望で運航させることを難しくしているようだ。
それならばせめて、フェリーの運航時間を見直せないものだろうか。指定路線で1日5往復もしているのだから早朝便、深夜便を運航してくれれば、長崎市への日帰りも可能になる。ジェットフォイルは日没後の運航が不可能だが、フェリーであれば問題がないはずだ。
市航路対策委員会では印通寺~唐津フェリーの減便を要求しているが、せっかくの島民の足を敢えて少なくさせるよりも、より利便性を高めることの方が重要であるはず。経済的に航空機が使えない人、長崎、佐世保市内の病院に通院、見舞いに行っている人など、社会的弱者の声をまずは届けてもらいたい。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20196/14

500人が壱岐路を疾走。サイクルフェスティバル

壱岐サイクルフェスティバル(第31回壱岐サイクルロードレース、同壱岐チャレンジロードレース、第19回壱岐ジュニアチャレンジロードレース)が9…

20196/14

島外者採用で新たな血を。

広報いき6月号に市の今年度新規採用職員が写真付きで掲載された。23人の若者たちのやる気あふれる表情には逞しさが感じられた。将来の壱岐市のため…

20196/7

最後の泥んこバレー大会、地元「田の真吾」が連覇。

第6回壱岐の島泥んこバレー大会(同実行委員会主催)が2日、原の辻ガイダンス前の田んぼで開催され、島外からの5チームを含む12チーム、約150…

20196/7

さらに観光サイトが必要か。

先日、ネットニュースの東洋経済ONLINEに興味深い記事が掲載された。日本遺産審査委員会の設立当時から委員を務めている小西美術工藝社のデービ…

20196/7

松下が県高総体八百メートル優勝。壱岐勢6人が北九州大会進出。

長崎県高校総合体育大会が1日から県内各地でスタートした。諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で行われた陸上競技では、男子八百㍍決勝で松下翔…

ページ上部へ戻る