© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20156/23

泥んこバレーで子どもに還る V‐Ancientが3連覇

第3回壱岐の島泥んこバレー大会(同実行委員会主催)が14日、原の辻ガイダンス前の田んぼで開催され、島外からの7チームを含む31チーム、約250人が参加した。
昨年4チームが出場したジュニアの部は、サッカーなど他のスポーツイベントと日程が重なったため今年は実施されなかったが、それでもトータルで昨年より3チームを多い出場で、篠崎美智子実行委員長は「壱岐の名物イベントとして、年々定着していることを感じている。1年前から図面を引いてシャワーや本部席の設置を完璧に行うなど、みんなが協力してくれているおかげ」と多くの協賛者に感謝した。
梅雨の合間の好天となり、最高気温も25・3度まで上昇。予選リーグから選手たちは泥の中にダイビングレシーブをするなど、全身泥だらけになりながらプレー。また独自のコスチュームで会場を楽しませるチームも多く、遺跡見学に来た観光バスが停車して見物するなど、大会は独特の盛り上がりを見せた。
選手全員が「天使の羽」を付けてプレーしたのは「日Pフェアリーズ」。赤木直美さん(38)は「小中学校のPTA役員をしていた仲間でチームを作りました。羽は針金を曲げて、100円ショップで買ったピンクのゴミ袋を張って、みんなで手作りしました」と準備段階からのチームワークで大会を楽しんだ。
「IKUMA・P」はバレエ「白鳥の湖」のコスチュームとメーキャップ。樋口伊久磨代表(47)は「原の辻に舞い降りるツルたちを守っていこうというメッセージと、バレーとバレエをかけたコスチューム。だから“ツルの湖”ですね。毎回出場していますが、子どもの時に戻った気持ちで泥と戯れています」と羽目を外して楽しんだ。
一方で、上位チームはバレーボール経験者も多く、ハイレベルな戦いを見せた。優勝した「V‐Ancient」(福岡市)は3年連続制覇。決勝の「チーム田の真吾」(壱岐市)戦もスコアは23‐18の接戦だったが、戦況に応じて女性をメンバーに入れるなど、内容は余裕十分の圧勝だった。
松田孔明さん(30)は「福岡の社会人バレーボールの仲間ですが、壱岐出身者も多いので、みんなこの大会に出るのを楽しみにしています。子どもの頃だったら“やったらダメ”と怒られていたことを、大人が真剣にやっている後ろめたさが快感。泥の中も最初は不快なのに、次第に快感になってくるものです」と泥んこバレーの魅力を語った。
▼準々決勝 V‐Ancient24‐17芦辺DVBC、からあげ大吉32‐17チーム目良、辻田ホワイトアスパラレッグス29‐28赤木病院、チーム田の真吾28‐1457年会
▼準決勝 V‐Ancient23‐21からあげ大吉、チーム田の真吾32‐17辻田ホワイトアスパラレッグス
▼決勝 V‐Ancient23‐18チーム田の真吾

泥んこバレー(目玉おやじも登場!!) 泥んこバレー(ハイレベルな戦いとなった決勝戦)

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20199/20

本市出身山川さんらが指導。ブラインドサッカー教室

壱岐サッカー協会は15日、筒城ふれあい体育館で「心をつなぐスポーツのチカラ~ブラインドサッカーから学ぶコミュニケーション~」を開催。壱岐少年…

20199/20

子ども議会復活を望む。

毎年、中学校の夏休みの最後に行われていた「子ども議会」が、今年は開催されないことになった。 子ども議会は、市内4中学校の代表者各4人、…

20199/20

郷ノ浦港に立体駐車場計画、白川市長が明言。市議会一般質問

市は、壱岐の玄関口である郷ノ浦港の再整備に本格的に取り組む考えを示した。11日の市議会定例会9月会議一般質問初日に、赤木貴尚議員の質問に答え…

20199/13

4種目で大会新記録。ナイター陸上競技大会

第41回ナイター陸上競技大会(壱岐陸上競技協会主催)が7日、大谷グラウンドで開かれ、5競技27種目に延べ約9百人が出場。4種目で大会新、1種…

20199/13

切っても切れない日韓関係。

日韓の政治的対立が、様々な問題を引き起こしている。目に見える問題としては対馬市の観光客数減少が挙げられる。同市は4日、8月に対馬を訪れた韓国…

ページ上部へ戻る