スポーツ

西永葵生さん(郷ノ浦幼)が3冠。4歳児横綱は江口陽結愛さん 。一支國幼児相撲大会

第21回一支國幼児相撲大会(同実行委員会主催)が2日、壱岐島開発総合センター全天候型多目的施設で開催され、市内9幼稚園・9保育所と福岡市・めぐみ保育園から個人戦に74人、団体戦に50チーム260人の幼児が出場し、熱戦を繰り広げた。個人戦5歳児の部は、昨年の4歳児横綱・西永葵生(あおい)さん(郷ノ浦幼稚園)が、平成23・24年の久間幸海さん(郷ノ浦幼稚園)、27・28年の今西壮眞さん(石田幼稚園)に続いて3人目の4・5歳連続横綱に輝いた。

西永さんは昨年同様に恵まれた体格と安定した下半身を活かし、押し出し、寄り倒し、寄り切りと磐石の取組で予選トーナメント(B土俵)を順調に勝ち上がったが、同決勝では一気に出たところを江口輝偉津(らいしん)さん(筒城保育所)に逆転の切り返しを喫して敗れた。だがA・B土俵の上位2力士が進出できる決勝トーナメントでは、準決勝で松本悠貴美(ゆきみ)さん(志原保育所)を押し出しで破り、決勝では江口さんと再度対決。粘る江口さんを激しく攻め立てて、最後は右上手出し投げで破り連続横綱に輝いた。西永さんは「予選トーナメント決勝で負けて悔しかったので、決勝トーナメントで勝てたのがすごく嬉しい」と横綱らしい落ち着いた口調でしっかりと話した。

4歳児の部決勝は、物言いがつく白熱した相撲だったが、行事軍配通り江口陽結愛(ひゆう)さん(筒城保育所)が寄り切りで清川恵李(めい)さん(田河幼稚園)を破って横綱になった。陽結愛さんは5歳児の部準優勝の輝偉津さんの1つ下の弟。28年大会5歳児の部準優勝の優恵育(ゆうえい)も兄で、母・優美さんは「6人兄弟で男の子が5人。みんなでよく相撲を取っていて、4、5番目の輝偉津、陽結愛とも相撲中継が大好き。まわしの色だけでどの力士か判るほど。兄たちも幼児相撲の経験から、何事にもあきらめないで最後まで頑張る精神力を身につけた。2人もたくましく育ってくれると思っている」と兄弟の活躍に目を細めた。

団体の部は予選4試合(20番)を全勝したチームがいない混戦だったが、5歳児横綱の西永さんを擁する郷ノ浦スマイル(郷ノ浦幼稚園)が、決勝トーナメント初戦で郷ノ浦レインボー(郷ノ浦幼稚園)を5‐0、準決勝でめぐみB(めぐみ保育園)を大将戦の勝利で3‐2として決勝に進出。決勝のパーマン武生水(武生水保育所)も実力伯仲の戦いとなったが、3‐2で競り勝って同幼稚園に3年ぶり6度目の優勝をもたらした。同チームの松永晃生監督は「1か月半にわたって週3日、稽古を重ねてきた成果が出た。子どもたちが日に日に強くなっていくのが判った。先に相手のまわしを取ること、低い姿勢を保つことだけを徹底して教えたが、その通りの相撲を取ってくれた。たくましい子どもたちです」と力士を称えた。

関連記事

  1. 庁舎建設を断念 白川市長が表明
  2. SG連続準優戦進出 ボートレース下條
  3. 壱岐支部が発足 牛削蹄師会
  4. 元女子マラソン日本代表、加納由理さんが長距離指導。
  5. 3千人大観衆が「どっちも頑張れ」 鯨伏Aが1秒差で盈科A破る 小…
  6. 盈科Aが3年ぶり優勝 小学生駅伝大会
  7. 焼酎イベント相次ぎ開催 ごっとりまつりに190人
  8. 史上初のW女子横綱誕生 一支國幼児相撲大会

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP