© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20155/30

社説 イルカパーク運営見直しの好機

日本動物園水族館協会(JAZA)は20日、WAZA(世界動物園水族館協会)加盟継続の賛否を問う会員投票の結果を発表し、加盟継続99票、離脱43票で継続が決定。改善通告に従い、今後は和歌山県太地町の追い込み漁でのイルカ入手を止めることをWAZAに報告した。
JAZAに加入しているのは動物園89、水族館63の計152施設。このうち、太地町からイルカの供給を受けていたのは約30施設だった。今後はイルカの繁殖に力を入れていくことになるが、繁殖施設を持つ水族館は少なく、また技術的にも簡単ではなく、各水族館はイルカ導入に苦労することが考えられる。
マリンワールド海の中道(福岡市)で飼育されている21頭中11頭、しものせき水族館「海響館」の8頭中7頭が太地町から入手した個体であり、両施設は今後の導入に直接的な影響を受ける。
太地町からの6頭を飼育している勝本町の壱岐イルカパークは、佐世保市の海きらら(同町から3頭導入)と同様にJAZAに加盟しておらず、今回の決定には直接は関係ない。だが今後も同町から導入を続けていくことは、道義的に困難となる可能性がある。
同パークの水質問題は市議会一般質問でも何度か取り上げられているが、根本的な問題解決は難しく、水質悪化が続いている。それと相次ぐイルカの死亡の関連は不明だが、年1頭近いペースで死亡しているので、このまま新規導入ができないと、数年で施設は成り立たなくなってしまう。
また第2期観光振興計画策定のため市が行ったアンケートでも、イルカパークに対してはマイナスイメージの回答が目立った。はるかに立派な設備でイルカショーを行っている水族館は全国にある。規模の面では太刀打ちできないし、「壱岐らしさ」を打ち出すことも難しい。
これを機に、南島原市などで行っているイルカウォッチングを取り入れるなど、トレーナーの意見を聞き、イルカパーク運営方法の抜本的な見直しが必要ではないだろうか。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る