© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

渡良小で校舎・体育館移転式典 旧渡良中を改修し有効活用

渡良小学校(中上一義校長、75人)は4月24日、校舎・体育館移転式典を開催した。
同小は4月から、耐震改修・補修工事が施された隣接する旧渡良中学校に校舎を移転。今年度最初の授業参観日に合わせて、保護者、地域住民らに施設、授業の様子を披露した。
建物の広さはほぼ変わらないものの、旧小学校校舎では使用していなかった教室が多かったため、1教室当たりの広さは大幅に拡大。体育館は約2倍の広さになり、バスケット・バレーボールのコート2面が楽に確保できる。パソコン室、音楽室、図工室なども広いスペースを存分に活用。図書室もふるさと渡良会などからの寄付で蔵書の充実、貸出電子システムの導入などが図られている。
中上校長は「何よりも太陽が差し込んで、すべての教室が明るくなったことが大きな違い。ガラス窓を大きく取り、玄関もガラス張り。外壁も塗り直して、学校全体が明るくなったことで、子どもたちの明るさもさらに増した気がする」と渡良小のキャッチフレーズである「一心三気(心、やる気、元気、根気)」にますます磨きがかかることを期待。
また「3月29日の引っ越し作業には年度末の忙しい時に170人もの保護者、地元住民が協力してくれて、感謝の涙を流した」と感激した。
久保田良和教育長は「中学校の廃校校舎、跡地の活用はなかなか難しいが、今回はすべての条件が整って活用が実現できた。トイレや黒板の高さなど小学生に合わせる工事が必要だったが、子どもたちが新校舎で存分に勉強、運動している姿を見て、安心した」と話した。、
式典では6年生の田川満帆、野田夏乃子、西茉南花さんの3人が壇上に上がり「明るい教室、みんな一緒に入れる玄関、広くゆったりとした図書館。この校舎で新しい伝説を創っていかなければならない」と抱負を語り、校舎移転に尽力した来賓、卒業生、保護者、地域住民らに感謝の言葉を贈った。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る