© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

一支国王都復元公園周回駅伝

第5回原の辻一支国王都復元公園周回駅伝大会(一支國研究会など主催)が3月22日、同公園特設駅伝コース(1周1㌔、計9周)で、スウェーデンリレー方式(第1・2走者は1周、3・4走者は2周、5走者は3周)で行われ、過去最多の41チームが出場。応援も含めて約3百人が集まった。
勝負にこだわって走ったのは、優勝を続けている壱岐高陸上部チーム。2年生の「福川剛士とゆかいな仲間たち」(平間千広代表)が28分48秒で、1年生チームの「優勝は私です」(山口祐介代表)に22秒差をつけて、先輩の貫録を示した。アンカーを務めた三千㍍障害県内トップクラスの益川洋武さん(2年)は「アップダウンがあるのはきつかったけれど、弥生時代の復元建物を見ながらのレースは、クロスカントリーのようで、みんなと楽しみながら走れました」と笑顔を見せた。
新春マラソン同様にパフォーマンスをしながら走るチームもあり、「キロ8・6分バズーカー」(長田康平代表)は「ラッスンゴレライ」でブレイク中のお笑いコンビ「8・6秒バズーカー」の衣装で、パフォーマンスを披露しながら駅伝を楽しんだ。「尾関課長お疲れ様でしたチーム」(村田信夫代表)は、3月で定年を迎える市文化財課・尾関孝人課長に感謝の気持ちを示すため、普段は運動をしていない市職員が、感慨深い表情を浮かべながら完走した。
レース後は原の辻サポーターの焼きそば、ヘルスメイトの合鴨ひきとおし、一支国研究会の古代米カレー、壱岐高ヒューマンハート部のクレープなどが選手らに振る舞われた。
▽成績 ①福川剛士とゆかいな仲間たち28分48秒②優勝は私です29分10秒③ソニックエリート軍団31分24秒
▽特別賞 光武戦隊リハレンジャー、SAY★YEAHダンス、芦辺排球部、ドキドキドンキーズ
▽敢闘賞 キロ8・6分バズーカー、尾関課長お疲れ様でしたチームw王都復元公園を走る選手




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る