© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

総額208億5600万円 新年度一般会計予算案可決

議会(賞与引き上げの条例改正案は賛成9人で可決) 市議会は23日、総額208億5600万円の新年度一般会計予算案など43議案を可決、陳情、諮問など5件を同意、承認、報告して散会した。
市長、副市長、教育長、市議会議員の期末手当の支給率を夏季、冬季とも一定割合増加をする条例案改正に関しては、16日の総務文教厚生委員会(豊坂敏文委員長)で賛成3、反対3の同数となり、委員長採決で可決。委員会の意見として「現在の社会情勢では市民に理解が得られない等の意見があったが、国家公務員の特別職等の給与に関する取扱い状況と長崎県内13市の期末手当の支給等を比較すると、壱岐市は低い水準にあることから原案可決となった」と経緯が報告された。
本会議では牧永譲議員から「島内の景気は依然として厳しく、漁業は魚価低迷、農業はTPPによる先行き不安、観光商工業は人口減少・通販の低迷など島内全体に疲弊感が漂っている。期末手当引き上げは〝いまじゃないでしょ”という思いだ」と反対意見を唱えた。また豊坂議員は委員会意見と同様の賛成意見を述べた。
採決は賛成10人、反対5人で原案可決となり、新年度から市三役と議員の期末手当増額が決まった。市長の期末手当合計は271万4千円から13万8千円増の285万2千円、副市長は11万円4百円増の228万1600円、教育長は約10万円増の205万3440円、無役の一般議員は約5万2千円増の106万9500円になる。
4月から壱岐市民病院が県病院企業団に加入することで、市議会から県病院企業団議会議員2人を選出する選挙は、町田正一議長の指名推薦で市山繁、市山和幸両議員が指名、承認され、当選した。また市民病院の県壱岐病院への移行について、向原茂明総病院長がこの2年間の総括、4月からの新体制などについて説明を行った(次号で詳細を掲載)。
追加議案として上程された新年度一般会計補正予算案で、4月26日投開票予定の「壱岐市庁舎建設に関する住民投票」に対する経費1252万4千円が可決した。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20184/20

初代メンバーが1日限り復活。風舞組25周年記念公演。

壱州荒海太鼓「風舞組」(町田光浩代表)の結成25周年記念公演が14日、勝本文化センターで開かれ、約300人の観客が詰めかけた。風舞組は199…

20184/20

人口減少問題が深刻さ増す。

有人国境離島法の施行から1年が経過し、様々な離島振興策がスタートしている。だがすべての事業が順調に始動したわけではない。何か新しいことを始め…

20184/20

郷ノ浦港観光案内所が開設。ガラス張りで明るさを強調。壱岐ちゃり37台レンタル施設も。

本市観光の窓口である郷ノ浦港フェリーターミナルの隣接地に13日、壱岐観光サービス拠点施設「郷ノ浦港観光案内所」と「壱岐ちゃりサービスステーシ…

20184/13

アマミサソリモドキの研究。壱岐高科学部が成果発表。

壱岐高校科学部(野田龍生、岩永凌征、松嶋真次)は、このほど発刊された「島の科学」平成30年3月号(壱岐「島の科学」研究会発行)に論文「壱岐島…

20184/13

本質を見極める目が必要。

現代は「情報過多の時代」と言われている。情報不足よりはまだ良いのかもしれないが、総務省の平成28年度調査によると携帯電話の世帯普及率は95・…

ページ上部へ戻る