地域情報

山口常光像前で演奏会 陸自大村駐屯地音楽隊

自衛隊音楽隊(鯨伏小校歌を演奏する音楽隊) 陸上自衛隊大村駐屯地の第16普通科連隊音楽隊(森眞司隊長)19人による演奏会が13日、勝本・湯の本に建立されている山口常光銅像前で開かれ、鯨伏小学校(長山昇校長、81人)の全校児童、市民ら250人が観賞した。
山口常光氏(1884~1977)は鯨伏村(現在の勝本町本宮南触)生まれ。昭和17年に陸軍戸山学校軍楽隊長となる。最後の軍楽隊長として終戦を迎え、昭和23年に警視庁音楽隊を誕生させ、隊長となった。郷土壱岐への愛着も深く、壱岐高校、壱岐商業高校、旧箱崎中学校、鯨伏小学校、霞翠小学校の校歌や、壱岐郡婦人会歌、石田町歌などの作曲を行った。昭和63年にサンドーム前に銅像が建立された。
同音楽隊は、14日に一支国博物館でコンサートを行うために来島し、その前日に「この機会に、ぜひ山口先生の銅像前で演奏を行いたい」(山下竜司広報室長)と、「扶桑歌」「陸自らっぱメドレー」、子どもたちのために「ようかい体操第一」「Let it Go」、市民に親しみのある「麦の歌」「流星」など10曲を演奏。「鯨伏小学校校歌」は児童らが同隊の演奏で合唱した。
下條笑璃さん(鯨伏小6年)は「校歌が山口常光先生の作曲であることは知っていました。その銅像の前で、自衛隊音楽隊の方々の素晴らしい演奏で一緒に歌えたことは、小学校生活の思い出になりました」と話した。

自衛隊音楽隊(サンドーム前の山口常光氏銅像)

関連記事

  1. 2千円の高級駅弁「壱岐弁」 旅行会社関係者270人にPR 
  2. 平均11万3千円の大幅下落 飼料高騰、肥料減産など影響 6月子牛…
  3. 愛称「壱岐の島ホール」 命名権採用通知書を交付
  4. 壱岐市卓球選手権春季大会
  5. クジラが定置網に 郷ノ浦漁協
  6. 壱岐が2年連続ベスト8 壱岐商も小浜に善戦
  7. 1年間の豊作を祈願 献穀田お田植え祭
  8. 石ころアート制作に140人 片岡朱央講師も発想に感激

おすすめ記事

  1. プレミアム付き商品券 9日まで4庁舎で販売
  2. 本市が北海道東川町と協定 職員派遣で人口増の秘訣探る
  3. 民生委員・児童委員 90人に委嘱状を伝達

歴史・自然

PAGE TOP