© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

キャンドルを陸前高田へ 市ボランティアの集い

ボランティア(子どもにキャンドルの作り方を教える合口さかん(中央)) 市ボランティアの集い(市社会福祉協議会主催)が2月22日に芦辺町つばさで約150人が参加して開かれ、東日本大震災で被災した岩手県陸前高田市へ届けるキャンドル、メッセージを書き込んだ絵手紙を約250点制作した。
慰霊と復興を願うキャンドルの贈呈は昨年に続いて2度目。昨年は、陸前高田市で3月11日にキャンドルを点灯するイベントが行われることを知った同市出身の地域おこし協力隊員・合口香菜さん(30)がフェイスブックを通じて呼びかけ、商工会青年部や芦辺小児童ら50人が集まってキャンドルづくりが行われた。今年は市社協が協力し、より大きな輪となった。キャンドルは3月11日に同市で行われる「夢あかり~陸前高田の慰霊と復興」(陸前高田ふるさと復興応援隊主催)で灯される。
合口さんは「震災の記憶が徐々に薄れていき、支援も少なくなってきている。キャンドルの贈呈は、そんな東北の人たちに『忘れていない』気持ちを伝えられ、精神的にも大変ありがたい。地元を代表して、協力してくれた皆さんに感謝したい」と話した。
市社協には現在51団体、27個人が登録し、約1300人が高齢者福祉、災害支援、子育て支援環境活動などを行っている。徳田佳武会長は「ボランティアの高齢化が進んで、活動が困難な状況も生じている。若い世代にも参加してもらいたい」と関心を深めるためにこの集いを開催した。
集いでは災害時の炊き出し体験、おもちゃ修理、移動図書キャラバンカーなどのイベント、九州大谷短期大学・中村秀一教授の講演「地域社会におけるボランティア活動の意義を考える」も行われた。

ボランティア(絵手紙を描く参加者)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20189/21

島内で28年ぶりの日本酒造り。重家酒造「横山蔵」が稼働。

重家酒造(横山雄三社長)が有人国境離島法の雇用機会拡充事業を活用して石田町池田西触に建設した日本酒蔵「横山蔵」で14日、今年度の日本酒仕込み…

20189/21

どうなる壱岐空港滑走路。

壱岐市にとって近未来的な最大の問題は空路存続だ。ORCの後継機Q400型を支障なく運用するためには1500㍍滑走路が必要で、国、県に滑走路延…

20189/21

郷ノ浦図書館移転を協議。交通ビルを含めた再開発計画も。市議会一般質問

市議会定例会9月会議の一般質問が12、13日の2日間行われ、8議員が登壇した。鵜瀬和博議員は「図書館機能の充実について」のテーマで質問。老朽…

20189/14

「ようこそ、壱岐市へ」いきっこ留学生入市式

市教育委員会が本年度から始めた小中学生向け離島留学制度「いきっこ留学生」を利用し、市内の小中学校に2学期から留学した児童・生徒5人の入市式が…

20189/14

被災者の言葉に感動。

6日早朝に北海道を襲った最大震度7の大地震は、道内に大きな被害をもたらした。地震そのものによる被害も40人以上の死者が出るなど大きなものとな…

ページ上部へ戻る