政治・経済

台風11号が対馬海峡を通過 壱岐空港で最大瞬間風速35・0㍍ 1340戸停電も 人的被害出ず

大型で強い台風11号が5日深夜から6日朝にかけて、960hpの勢力を保ったまま対馬海峡を通過し、本市にも強風をもたらした。台風の通過が深夜になったこと、本市が台風中心の東側になりこれまでにも大きな被害をもたらした南風になったことで心配されたが、通過コースが当初の予測よりも対馬寄りになったことで対馬市ほどの強風にはならず、停電や市内数か所で倒木による道路通行不能箇所はあったものの、人的被害など目立った被害は出なかった。暴風警報は6日午前10時52分に解除された。

長崎地方気象台の発表によると、最大瞬間風速は芦辺観測所で30・4㍍(6日午前3時58分)、石田町の壱岐空港観測所で35・0㍍(6日午前5時01分)を記録した。1時間最大降水量は芦辺観測所15・5㍉、壱岐空港観測所8・5㍉と降雨は少なかった。
芦辺観測所での日週間最大風速の観測史上1位(2008年9月以降)は2020年9月2日の31・3㍍で、今回の記録は同9月7日の30・8㍍を超えて史上2位の記録となった。壱岐空港観測所では20年9月7日に40・6㍍、同3日に40・1㍍、同2日に35・0㍍を記録しており、今回は観測史上3位タイだった。

関連記事

  1. トライアル逆参勤交代。首都圏から10人が研修。
  2. ルーヴル銅版画展第2期がスタート
  3. ワクチン集団接種が開始。初日60人、2日目114人。1日180人…
  4. 今季は特等米も 日本酒仕込み開始 新酒は10月下旬に 重家酒造
  5. 木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。
  6. 事業評価Aは3事業 地方創生推進交付金
  7. 大学進学率は13市中5番目 27年度学校基本調査
  8. 議決を忘れ陳謝 高規格救急車購入

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP