政治・経済

台風11号が対馬海峡を通過 壱岐空港で最大瞬間風速35・0㍍ 1340戸停電も 人的被害出ず

大型で強い台風11号が5日深夜から6日朝にかけて、960hpの勢力を保ったまま対馬海峡を通過し、本市にも強風をもたらした。台風の通過が深夜になったこと、本市が台風中心の東側になりこれまでにも大きな被害をもたらした南風になったことで心配されたが、通過コースが当初の予測よりも対馬寄りになったことで対馬市ほどの強風にはならず、停電や市内数か所で倒木による道路通行不能箇所はあったものの、人的被害など目立った被害は出なかった。暴風警報は6日午前10時52分に解除された。

長崎地方気象台の発表によると、最大瞬間風速は芦辺観測所で30・4㍍(6日午前3時58分)、石田町の壱岐空港観測所で35・0㍍(6日午前5時01分)を記録した。1時間最大降水量は芦辺観測所15・5㍉、壱岐空港観測所8・5㍉と降雨は少なかった。
芦辺観測所での日週間最大風速の観測史上1位(2008年9月以降)は2020年9月2日の31・3㍍で、今回の記録は同9月7日の30・8㍍を超えて史上2位の記録となった。壱岐空港観測所では20年9月7日に40・6㍍、同3日に40・1㍍、同2日に35・0㍍を記録しており、今回は観測史上3位タイだった。

関連記事

  1. 松尾さんが最優秀賞受賞 中学生弁論大会県大会
  2. 1.5~3.5万円増額を答申。市三役報酬改定は上程せず。壱岐市特…
  3. スポーツ生中継も視野 ケーブルテレビ審議会
  4. イルカパーク入園者100万人~10月7日、オープン23年目で達成…
  5. 壱岐高卒業生の旅立ちが舞台 オロナミンC動画が公開
  6. 筒城浜で花嫁姿撮影 香港から招致活動
  7. 4月19日の週から到着予定。高齢者向けコロナワクチン。
  8. 山口幹雄賞に工芸・梶田さん。第61回市美術展覧会

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP