© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20152/27

庁舎をコンパクトシティの中心に

syasetsu 最近「コンパクトシティ」という言葉をよく聞く。国土交通省は「重点政策2014」の「地方の創成、人口減少の克服」の項で、「コンパクトシティの推進」を掲げている。
その目的は「人口減少が進む地域において、生活サービスを効率的に提供するための拠点機能のコンパクト化」などとしており、まち・ひと・しごと創生本部の方針に沿った展開を考えている。
簡単に言えば、散在している人口を1か所に集めて、市民生活の充実を図るシステム。もちろん1次産業従事者がいま住んでいる土地を離れることはできないが、通勤者や、すでに仕事から引退している高齢者が1か所に集まって生活することによって、インフラ整備を重点的、効率的に行うことができるようになる。
例えば運転免許や自家用車を持たない交通弱者が病院や役所に行くのは、路線バスの運航が少ない壱岐では大変な苦労だが、徒歩圏に公共施設があったり、居住区域から集中的なバス運行を行えば、その悩みが解消できる。独居高齢者の見守りなどをきめ細かく行ったり、道路や水道の整備予算の削減が可能になるケースもある。
もし大谷公園に新庁舎を建設するのなら、20年、30年後の壱岐市を、市庁舎を中心としたコンパクトシティとして計画してはどうだろうか。周辺には空き地が多くあるので、市営住宅を集中的に建て、地元商店によるショッピングモールを誘致する。大谷公園のスポーツ施設は高齢者の運動に利用できるので、「スポーツ施設を中心にしたコンパクトシティ」という新しい発想なら、周辺の土地取得などに地方創生予算の活用が可能になるかもしれない。
さらに以前にこの欄で紹介した「スマートシティ構想」を組み合わせて、大規模な自然エネルギーの活用で「光熱費ゼロ」の街づくりも、住宅が集中していれば可能になる。
白川市長は庁舎建設を「壱岐市百年の大計」としている。それならば100年後の壱岐市の姿を想像しながら、思い切った計画を提案して欲しい。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/21

VファーレンU‐15入部。壱岐SSC・山田大翔さん。

壱岐少年サッカークラブ(SSC)に所属する山田大翔(ひろと)さん(瀬戸小6年)が、4月からVファーレン長崎U‐15アカデミーに入部することが…

20202/21

元ホークス戦士が実践指導。壱岐若鷹会が少年野球教室。

福岡ソフトバンクホークスの応援を通して島内の野球振興などに取り組んでいる壱岐若鷹会(西村善明会長)は11日、芦辺・ふれあい広場で、ソフトバン…

20202/21

雨海、野村が区間賞。県下一周駅伝大会。

第69回郡市対抗県下一周駅伝大会が2月14~16日、長崎市茂里町の長崎新聞社前発着の42区間407・3㌔に11チームが出場して行われ、壱岐は…

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

ページ上部へ戻る