スポーツ

壱岐玄海酒造TCが9連覇 第28回壱岐・壱岐綱引大会

綱引き(盤石の強さを見せた壱岐玄海酒造TC) 第28回壱岐・壱岐綱引大会(壱岐「町おこし」実行委員会、壱岐綱引連盟主催)が15日、筒城浜ふれあいセンターで行われた。一般男子の部には9チームが出場し、今年からチーム名を「むぎ焼酎壱岐・遠山の金さん」から変更した「壱岐玄海酒造TC」が、圧倒的な強さを見せて9年連続15回目の優勝を果たした。
同チームは予選リーグを他チームよりも1人少ない7人で臨んだが、まったく危なげなく4戦全勝。決勝トーナメントは8人を揃え、力の差があっても決して慌てることなく、自分の位置をキープしながら徐々に優位な態勢に持っていく横綱相撲。決勝相手の57年会は1月の九州オープン(熊本)にも出場した強豪チームだったが、1本目は1分半、2本目は1分の時間をかけながら、一歩も引かれることなく快勝した。
同チームの松永晃生さん(30)は「チーム名を変えたのは、全国大会を放送するNHKから『商品名が入るのは困る』との指摘を受けたため。昨年の決勝トーナメントは7人でしたが、57年会をはじめ壱岐のチームはみんな力を付けているので、8人で臨んだ。良い勝負ができた。昨年の全国大会は1勝もできずに悔しい思いをしたので、今年は予選リーグを突破したい」と抱負を語った。
九州オープンで優勝した同チームはすでに九州代表として全日本綱引選手権大会(3月8日、東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館)への出場を決めており、悲願の決勝トーナメント進出を目指して、残り3週間で最後の仕上げを行っていく。
一般女子の部はこの3年間、武雄市から出場した「綱ひいちゃった」に優勝をさらわれていたが、今年は壱岐の4チームすべてがコスプレユニフォームでの出場で気合満点。予選リーグではアニメおたくコスチュームの病院関係者チーム「もやしっ娘☆」と、7色ユニフォームの給食士「給食戦隊クックルン」が予選リーグで「綱ひいちゃった」を撃破。決勝トーナメントの決勝はこの両チームの対戦となり、1本目で2分を超える熱戦を制した「もやしっ娘☆」が、2本目も30秒で連勝し、初出場で優勝を決めた。

同チームの長嶋ひなみさん(26)は「コスチュームは監督の思いつき。絶対に壱岐に優勝旗を、の思いで筋トレをやってきた成果が出た」、山内百合恵さん(27)は「決勝の1本目は何度かあきらめそうになったが、応援の声に励まされて頑張った」と優勝を喜んだ。
☆小学生の部優勝「筒城パワーズ」安永多壱さん(筒城6年)「筒城小同士の決勝になって嬉しかった。決勝は相手が1人多かったが、粘り強く引いたのが良かった」。
☆中学生男子の部優勝「ドリームベースボール」小畑啓道(かいどう、石田2年)「石田中野球部のチームで、息を合わせることは得意なので、タイミング良く引くことができた。優勝できる自信はあった。次は野球で、中体連県大会に優勝したい」。
☆中学生女子の部優勝「テバキュー!!」川富二千花さん(石田2年)「テニス部とバドミントン部の合同チーム。みんなで力を合わせて競技をするのが楽しかった」。
【成績】▼一般男子 ①壱岐玄海酒造TC②57年会③山崎青年会▼一般女子 ①もやしっ娘☆②給食戦隊クックルン③綱ひいちゃった▼混合 ①エバーグリーン志原②tkb‐A③tkb‐B▼小学生 ①筒城パワーズ②筒城ファイターズ③志原マッスルブラザーズ▼中学生男子 ①ドリームベースボール②石中山崎ブラザーズ③ピンポン侍▼中学生女子 ①テバキュー!!②女子力8%③排球ウオッチ▼コスチューム賞 Mitus、給食戦隊クックルン、芦辺(昔)少女剣道クラブ▼ORC賞 筒城ファイターズ、給食戦隊クックルン▼監督賞 エバーグリーン志原・市山潤也監督

綱引き(コスチューム賞を獲得したMitus)

関連記事

  1. 海星の壱岐コンビが大活躍 高校野球県大会優勝
  2. 層厚い陸上大国・壱岐。市中体連陸上・相撲競技大会
  3. 子牛市でまたまた記録更新 平均65万円超え
  4. 松田脩生さんは全国優勝 中国語コンテスト壱岐高6人入賞
  5. 松本(郷ノ浦中)が銅メダル胸に凱旋 全日本中学陸上男子走り幅跳び…
  6. 壱岐市卓球選手権春季大会
  7. 「新庁舎は極力スリム化」 ゲートボール場移設試算3・3億円 第2…
  8. 5競技に500人出場 第63回秋季市民体育大会

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP