© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

市民病院でコンサート クリスマス気分味わう

病院コンサート(入院患者らの前で合唱する病院職員) 壱岐市民病院のクリスマスコンサートが18日に行われ、入院患者らがひと時のクリスマス気分を楽しんだ。昨年から始めたイベントで、今年のテーマは「こころ」。
柳田保育所の園児19人がかわいい衣装で「スズメバチに気をつけろ」「壱州かぞえ歌」などの歌と踊りを披露。同病院の医師・看護師・職員の有志11人が3日前に結成した市民病院合唱団が「赤鼻のナカイ」「雪」「花は咲く」の3曲をきれいなハーモニーで歌った。
ゲストとしてプロギタリストの西村あゆみさんが出演し、オリジナルや「なごり雪」「涙そうそう」のカバーや「ホワイトクリスマス」などを独奏。知っている曲は観客が歌を口ずさんだ。
米城和美看護部長は「合唱団は市民病院選りすぐりの美男美女を揃えたのですよ。入院患者に1年間の疲れや辛さを少しでも癒していただけたらうれしいです」と話した。

病院コンサート(サンタからのプレゼントを受け取る幼児)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202011/30

JF発着所、旧フェリー岸壁へ。地方港湾審議会が可決。

第51回県地方港湾審議会が19日、長崎市で開かれ、郷ノ浦港港湾計画の変更に関する議案を原案通り可決した。計画の変更はジェットフォイルの着岸場…

202011/30

14年ぶり全国総文出場へ。壱岐商業壱州荒海太鼓部。しおかぜ総合文化祭 金賞獲得。

県高校総合文化祭「しおかぜ祭」(県教委、県高校文化連盟主催)が13~15日に諫早文化会館などであり、14日の郷土芸能部門に出場した壱岐商業の…

202011/30

長蛇の列で即完売。壱岐焼酎プレミアム商品券。

壱岐酒造協同組合(山内昭人代表理事)は23日、壱岐の島ホール大ホールロビーと壱岐島開発総合センターで「壱岐焼酎限定プレミアム商品券」の販売を…

202011/23

海岸を薄紫に彩る。ハマベノギクとダルマギク。

八幡半島の外海に面した海岸沿いに、ハマベノギクとダルマギクが花を開き、海岸を彩っている。いずれも壱岐対馬国定公園特別地域内指定植物に指定され…

ページ上部へ戻る