地域情報

ミュシャの作品200点展示。一支国博物館開館10周年記念。

一支国博物館の開館10周年記念第53回特別企画展「絢爛華麗 日本人が愛したミュシャ展」が5日に開幕した。3月28日まで。観覧料は一般400円など。

アルフォンス・ミュシャは19世紀末のヨーロッパで流行した芸術様式「アール・ヌーヴォー」を代表する画家。現在のチェコ共和国に生まれ、パリの大女優サラ・ベルナールの演劇ポスター「ジスモンダ」を制作したことをきっかけにグラフィックデザイナーとして人気を博した。

同展では、ミュシャがパリ時代に制作したポスターや装飾パネルの人気作品「黄道十二宮」、「JOB」、ポストカード、メニュー、菓子パッケージ缶、祖国チェコ独立時に無償でデザインした国家事業のポスター、切手、紙幣など約200点を時代ごとに展示している。

須藤正人館長は「壱岐にこれだけミュシャの代表作が揃うのは奇跡と言っていい。私自身も開幕まで観ないで楽しみにしていた」、河合恭典学芸員は「ミュシャの名前を知らなくても、どこかで見たデザインと思うのでは。日本人の感覚に合った作品が多く、芸術分野に興味がなくても楽しんでもらえるはず」と話した。

期間中は博物館2階に特設会場が設けられ、ポストカードやステーショナリー、ポスターや、100年以上前に製作されたオリジナル作品も8~30万円で販売されている。

ミュシャの代表作「黄道十二宮」(左)と「シャンプノア/夢想」

関連記事

  1. 壱岐市民に支援を呼び掛け ウクライナ出身の小野ヤーナさん
  2. 壱岐単独のガイドブック発行 「地球の歩き方JAPAN 島旅06 …
  3. 壱岐の「 光 」を体験。フランス人アーティスト。
  4. 改修費抑制へ 茅栽培。一支國研究会。
  5. 295人が新成人 万歳三唱で門で祝う
  6. 浴衣姿で出迎え 博物館アテンダント
  7. 芦辺に3万平方㍍の土地取得 日韓トンネルフォーラム
  8. 椎の木からサクラ。鳥が実を運び成長。

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP