地域情報

ミュシャの作品200点展示。一支国博物館開館10周年記念。

一支国博物館の開館10周年記念第53回特別企画展「絢爛華麗 日本人が愛したミュシャ展」が5日に開幕した。3月28日まで。観覧料は一般400円など。

アルフォンス・ミュシャは19世紀末のヨーロッパで流行した芸術様式「アール・ヌーヴォー」を代表する画家。現在のチェコ共和国に生まれ、パリの大女優サラ・ベルナールの演劇ポスター「ジスモンダ」を制作したことをきっかけにグラフィックデザイナーとして人気を博した。

同展では、ミュシャがパリ時代に制作したポスターや装飾パネルの人気作品「黄道十二宮」、「JOB」、ポストカード、メニュー、菓子パッケージ缶、祖国チェコ独立時に無償でデザインした国家事業のポスター、切手、紙幣など約200点を時代ごとに展示している。

須藤正人館長は「壱岐にこれだけミュシャの代表作が揃うのは奇跡と言っていい。私自身も開幕まで観ないで楽しみにしていた」、河合恭典学芸員は「ミュシャの名前を知らなくても、どこかで見たデザインと思うのでは。日本人の感覚に合った作品が多く、芸術分野に興味がなくても楽しんでもらえるはず」と話した。

期間中は博物館2階に特設会場が設けられ、ポストカードやステーショナリー、ポスターや、100年以上前に製作されたオリジナル作品も8~30万円で販売されている。

ミュシャの代表作「黄道十二宮」(左)と「シャンプノア/夢想」

関連記事

  1. 石棺墓からゴホウラ製貝輪。弥生時代初期に南方との交流か。聖母宮西…
  2. プレミアム商品券第2弾も完売。島民宿泊・バスツアーも上限間近。
  3. 関ブロ 落選、ケーブルTVも指定管理変更へ。熊本・光ネットワーク…
  4. 山本啓介県議後援会が総決起大会 県議選3日告示
  5. ブロック間の連携を ごっとり市場会議
  6. 石ころアート制作に140人 片岡朱央講師も発想に感激
  7. 新共乾施設が完成 総工費は5億円超
  8. 壱岐玄海酒造TCが5連覇。九州オープン綱引大会

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP