地域情報

5百個のキャンドルで偲ぶ 郷ノ浦精霊流しに540人

郷ノ浦精霊流し実行委員会主催の第9回精霊流しが15日、フェリーみしま郷ノ浦発着所で開かれ、540人の市民が盆を迎えた故人や先祖を偲んで供養に訪れた。初盆を迎えた家族らは御霊を西方浄土へ送る精霊船や供物を供えた。
例年行われている紙灯籠流しは、新型コロナ感染症予防のため昨年に続き中止となったが、市観光課の協力で昨年は八坂神社の宵まつりで利用したLEDキャンドル500個を会場に並べ、訪れた人たちはその灯に手を合わせ、故人を偲んだ。

供物を供える市民

関連記事

  1. 廃棄される焼酎粕、ユズ皮を商品に 生徒たちがアイデア発表 SD…
  2. 外務省から人材支援が決定 副市長か幹部職員で2年間常勤 国の地方…
  3. 人口減や施策を説明。黒﨑局長が中学校で講話。
  4. 議決を忘れ陳謝 高規格救急車購入
  5. 郷ノ浦中が銅賞 県北吹奏楽コンクール
  6. 空港滑走路延長が急務。後継機の運用定員わずか27人。ORCが検証…
  7. 八幡児童館で閉館行事 風船に恒久平和託す
  8. 最優秀は「焼酎まんじゅう」。壱岐焼酎料理レシピコンテスト。

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP