地域情報

5百個のキャンドルで偲ぶ 郷ノ浦精霊流しに540人

郷ノ浦精霊流し実行委員会主催の第9回精霊流しが15日、フェリーみしま郷ノ浦発着所で開かれ、540人の市民が盆を迎えた故人や先祖を偲んで供養に訪れた。初盆を迎えた家族らは御霊を西方浄土へ送る精霊船や供物を供えた。
例年行われている紙灯籠流しは、新型コロナ感染症予防のため昨年に続き中止となったが、市観光課の協力で昨年は八坂神社の宵まつりで利用したLEDキャンドル500個を会場に並べ、訪れた人たちはその灯に手を合わせ、故人を偲んだ。

供物を供える市民

関連記事

  1. 4市場ぶりに価格上昇。子牛市平均84万2千円。壱岐家畜市場
  2. 長岡秀星さんが死去 世界的イラストレーター
  3. イスズミ料理の誕生秘話。対馬・犬束さんが講演。
  4. 台風の農業被害。2憶5千万円超。
  5. 壱岐日々新聞が来月廃刊
  6. 人面石くんは359位 ゆるキャラグランプリ
  7. 知事賞に壱岐高歴史学専攻5人。定光寺前遺跡を研究、論文に。第14…
  8. TOKIOが壱岐をPR。「鉄腕!DASH」11日放送。

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP