友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

赤ちゃんイルカ「ミラク」が死亡 イルカパークのアイドル

イルカ(親子で仲良く泳いでいたミラク(左)だったが…) 勝本町の壱岐イルカパークで5月30日に誕生した赤ちゃんイルカ「ミラク」(メス)が11月26日午後4時ごろに死亡した。5日、市観光商工課が発表した。
ミラクは11月24日までは母エイラ(推定12歳)と一緒に元気に泳いでいたが、同25日はスタッフが泳ぎ方にやや不自然さを感じていた。26日は急激に元気がなくなり、苦しそうに呼吸をしていたため、3人のスタッフが体を支えて楽にしようとしたが、その最中に呼吸が停止。死亡が確認された。
その後、壱岐家畜保健衛生所に運ばれて解剖が行われたが、詳しい死因はまだ判っていない。
ミラクは、今年3月25日に和歌山県から導入された3頭のうちの1頭エイラが捕獲前に妊娠しており、同パーク内で出産した。妊娠中の20時間に及ぶトラックでの長距離輸送を克服して無事に出産したケースは極めて珍しいため、“奇跡”から「ミラク」と名付けられた。
母エイラ、母と一緒に同パークにやってきたラシカ(推定10歳)と一緒の生け簀で、ともに泳いだり、ジャンプのまねごとをしたり、母親の上に乗ってじゃれたりと無邪気に過ごす様子は、訪れた観光客にも大人気で、同パークのアイドル的な存在となっていた。
まだ離乳前だったが、魚にも興味を示すようになってきて、生まれた時には1㍍弱だった体長が1・5㍍、体重は100㌔を超えた。同パークで初めて赤ちゃんイルカが順調に育ち、管理には細心の注意を払いここまで無事に成長していただけに、スタッフのショックも大きい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20212/22

改修費抑制へ 茅栽培。一支國研究会。

NPO法人一支國研究会は、原の辻遺跡王都復元公園の復元建物の屋根に使う茅(かや)を栽培し、本年度初めて本格的に収穫した。 同復元公園は…

20212/22

ふるさと納税約3億円。8年ぶりに前年度比減。

本年度の市ふるさと納税の寄附額は10日時点で9525件2億9896万円となり、3月末までに若干の上乗せされ、約3億円になることが判った。この…

20212/22

市独自で幅広い業種へ支援金。1事業者当たり20~30万円。前年同月比売上 20%減など条件。

市は10日、市議会定例会2月会議(17日)に上程する議案を発表した。一般会計補正予算案は、新型コロナウイルス感染症第3波に対応する市緊急経済…

20212/15

コケで癒し空間提供。美容室K`sの松嶋さん。

郷ノ浦町の美容室K`sの松嶋勝弘さん(55)は、店内にコケ類を植えた水槽を飾り、来店客を楽しませている。 新型コロナの感染拡大が始まっ…

ページ上部へ戻る