スポーツ

九州王者郷ノ浦が凱旋優勝 鳥山が2ランなど全4打点 全日本少年軟式野球 壱岐支部春季大会

3月の第19回九州中学生選抜軟式野球大会で優勝した郷ノ浦中学校野球部が16日、大会後初の公式戦となる第39回全日本少年軟式野球大会(春季大会)壱岐支部予選会に出場。1回戦で石田に3‐0、決勝は勝本に4‐0、ともにシャットアウト勝ちを収め優勝。九州王者の貫禄を見せた。優勝した郷ノ浦は5月7、8日に南島原市、島原市で開かれる県大会に壱岐支部代表として出場し、7月2、3日に本県で開かれる九州大会出場を目指す。

 

関連記事

  1. 福原(郷ノ浦)が2冠 県中総体陸上競技
  2. 石田少年クラブが団体優勝 唐津飛翔旗少年剣道大会
  3. 芦辺小・中学校の集約検討を 久保田教育長は「地元から要望ない」 …
  4. 「弟」 勝本中学校3年 中原 杏
  5. 2167人が走り初め 第29回壱岐の島新春マラソン 田中が大会新…
  6. 元日本代表 櫻井さんと冨士田さん 田河小などでバレーボール教室
  7. 長岡美桜 (郷ノ浦)全国大会へ U‐16ジャベリックスロー
  8. 壱岐産米でおもてなし こぎ出せミーティング

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP