スポーツ

九州王者郷ノ浦が凱旋優勝 鳥山が2ランなど全4打点 全日本少年軟式野球 壱岐支部春季大会

3月の第19回九州中学生選抜軟式野球大会で優勝した郷ノ浦中学校野球部が16日、大会後初の公式戦となる第39回全日本少年軟式野球大会(春季大会)壱岐支部予選会に出場。1回戦で石田に3‐0、決勝は勝本に4‐0、ともにシャットアウト勝ちを収め優勝。九州王者の貫禄を見せた。優勝した郷ノ浦は5月7、8日に南島原市、島原市で開かれる県大会に壱岐支部代表として出場し、7月2、3日に本県で開かれる九州大会出場を目指す。

 

関連記事

  1. 野上恵子さんと一緒に走った!十八銀行陸上部が教室開講。
  2. 長崎版画を体験 歴文移動博物館
  3. 1620点が展示 石田町老連作品展
  4. 山本氏が無投票で再選 県議会議員選挙壱岐市選挙区
  5. 上野投手との対決は!? 国体ソフトは長崎‐群馬
  6. 国境離島新法とは
  7. 湖北省高校生が来島 一支国博物館を見学
  8. 松本汰壱が全日本出場決める。男子の郷ノ浦は連続準優勝。県中総体

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP