© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

郷ノ浦が競り勝つ 市中学ソフトボール

ソフトボール(好投した郷ノ浦中・村部投手) 島内ソフトボール大会のシーズン最後を飾る市中学生女子秋季大会が11月22日、大谷専用球場で行われ、決勝で郷ノ浦が勝本を5‐3で下して優勝した。
郷ノ浦は2回、4番徳島の中前安打から1死三塁のチャンスをつかみ、6番坂本がスクイズを決めて先制。3回は1番西村の右中間三塁打、3番村部の左前適時打などで3点を挙げて試合を優位に進めた。
勝本は3回に1点、6回にも2つのエラーから2点を返したが、最後は4番西が三振、5番川﨑がショートゴロに倒れ、郷ノ浦のエース・村部をあと一歩で打ち崩すことができなかった。
好投好打の村部菜月(1年)は「コントロールが悪く、思っていた通りの投球はできなかったが、国体の時に宇津木(妙子)先生から学んだソフトボールの楽しみ方を意識して、プレーしました」。主将の徳島楽々(2年)も「すごいレベルの国体の試合を生で観ることができて、一つ一つのプレーの速さなどとても勉強になった。今後のチーム作りに生かしていきたい」と国体効果で来季へ向けてのチーム力強化を誓った。
中田久仁子監督は「村部はテスト前で投げ込み不足だったが、メンバーが10人というのはやはり厳しい。新1年生に多く入部してもらいたい」と県大会で上位進出のためには部員確保が必須であることを指摘した。
▽準決勝
勝本 7243-16
芦辺  0000-0
▽決勝
郷ノ浦013001-5
勝 本001002-3

ソフトボール(優勝旗を受け取る郷ノ浦中)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/22

短歌コンテストも開催。万葉公園開園50周年記念イベント

「令和ゆかりの地・壱岐『万葉公園50周年記念イベント』」が17日、石田町の万葉公園で開かれ、東京、大阪などからのツアー客ら約百人が参加した。…

201911/22

「アスパラの島」目指しては。

松浦市が「アジフライの聖地」として売り出している。友田吉泰市長が今年4月に「松浦アジフライ憲章」を掲げ、市はアジフライに特化したガイドブック…

201911/22

山口幹雄賞に豊坂元子さん。第63回市美術展覧会

第63回壱岐市美術展覧会(市美術協会主催、15~17日・壱岐の島ホール)の表彰式が17日に行われた。出品数は絵画22人38点、彫塑工芸14人…

201911/15

韓国民族舞踊など披露。第21回日韓国際交流文化祭

第21回日韓国際交流文化祭(市文化団体協議会主催)が4日、壱岐の島ホールで開かれ、韓国伝統芸能と壱岐芸能のコラボレーションを約300人が楽し…

201911/15

航空路維持はまだ安心できない。

壱岐市からの知事要望、県中学駅伝と2週続けて長崎本土に取材に出向いた。知事要望は県庁で午前11時から、中学駅伝は諫早で午前10時50分のスタ…

ページ上部へ戻る