© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

郷ノ浦が競り勝つ 市中学ソフトボール

ソフトボール(好投した郷ノ浦中・村部投手) 島内ソフトボール大会のシーズン最後を飾る市中学生女子秋季大会が11月22日、大谷専用球場で行われ、決勝で郷ノ浦が勝本を5‐3で下して優勝した。
郷ノ浦は2回、4番徳島の中前安打から1死三塁のチャンスをつかみ、6番坂本がスクイズを決めて先制。3回は1番西村の右中間三塁打、3番村部の左前適時打などで3点を挙げて試合を優位に進めた。
勝本は3回に1点、6回にも2つのエラーから2点を返したが、最後は4番西が三振、5番川﨑がショートゴロに倒れ、郷ノ浦のエース・村部をあと一歩で打ち崩すことができなかった。
好投好打の村部菜月(1年)は「コントロールが悪く、思っていた通りの投球はできなかったが、国体の時に宇津木(妙子)先生から学んだソフトボールの楽しみ方を意識して、プレーしました」。主将の徳島楽々(2年)も「すごいレベルの国体の試合を生で観ることができて、一つ一つのプレーの速さなどとても勉強になった。今後のチーム作りに生かしていきたい」と国体効果で来季へ向けてのチーム力強化を誓った。
中田久仁子監督は「村部はテスト前で投げ込み不足だったが、メンバーが10人というのはやはり厳しい。新1年生に多く入部してもらいたい」と県大会で上位進出のためには部員確保が必須であることを指摘した。
▽準決勝
勝本 7243-16
芦辺  0000-0
▽決勝
郷ノ浦013001-5
勝 本001002-3

ソフトボール(優勝旗を受け取る郷ノ浦中)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20187/20

「壱岐のほとけさま」展示。一支国博物館特別企画展

一支国博物館で13日、第41回特別企画展「壱岐のほとけさま~金銅仏編~」が1階テーマ展示室で開幕した。9月24日まで、入場無料。仏教が日本に…

20187/20

交通ビル撤去を発議すべき。

3日に本島を直撃した台風7号の強風で、郷ノ浦町市街地の壱岐交通ビルの壁の一部が落下した。同ビルの危険性はこれまでも指摘されており、市議会一般…

20187/13

野上恵子さんと一緒に走った!十八銀行陸上部が教室開講。

十八銀行女子陸上部(吉井賢監督)のメンバーら8人が6月28日から7月5日まで、恒例となった壱岐合宿を行った。合宿に参加した選手は、3月の名古…

20187/13

災害時こそSNS活用を。

7月3~4日に本島を直撃した台風7号は、壱岐空港で瞬間最大風速30・3㍍の観測史上最大を記録するなど、その強風で多くの被害をもたらした。記者…

20187/13

芦辺地区第1分団ポンプ車8連覇。郷ノ浦地区第7分団2部小型ポンプ3連覇。市消防操法大会

第8回壱岐市消防団消防ポンプ操法大会が8日、芦辺町の市消防団操法訓練場で行われ、小型ポンプの部には4地区大会を勝ち抜いた14チーム、ポンプ車…

ページ上部へ戻る