地域情報

筒城浜で海開き神事 海水浴の安全を願う

石田町の筒城浜海水浴場の海開き神事(市商工会主催)が16日、同海水浴場そばのレストハウスで行われ、市、壱岐振興局、市観光連盟職員ら30人が参加。海水浴シーズンの海の安全を願った。
市商工会の吉田寛会長は「昨年は悪天候で海水浴客が減少してしまったが、今年は良い天気になるように願っている。しまとく通貨を活用してぜひ遊びに来てもらいたいし、地元の人もプレミアム商品券で海を楽しんで欲しい」と話した。
海水浴場の監視員は7月18日から8月31日まで、市内9海水浴場に配備される。

 

関連記事

  1. 壱岐の観光・歴史を視察。博多女子高生徒12人が来島。
  2. 人気急上昇離島で全国3位 夏休み宿泊予約83%増
  3. ソメイヨシノが満開
  4. 郷ノ浦は65人出席 自治公民館長会議
  5. 「温かい受け入れに感謝」 ウクライナ避難民のヴィクトリアさん
  6. 浴衣姿で出迎え 博物館アテンダント
  7. 5月末発売へ最終調整。壱岐の蔵酒造のクラフトジン。
  8. 「運賃値下げは本当に助かる」国境離島新法がスタート。郷ノ浦港、空…

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP