© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

第1回人口減少対策会議 政策企画課に事務局設置

人口減少会議(会議後に看板を設置) 第1回壱岐市人口減少対策会議(会長・白川博一市長)が11月26日、市役所郷ノ浦庁舎で行われ、公募の3人を含む20人の委員が出席。会長の職務代理をながさき地域政策研究所所長の菊森淳文さんに委嘱した。
事務局から市のこれまでの取り組み、国・県の動向、人口動向分析・将来人口推計などの説明が行われ、「定住人口の減少に歯止めをかけ、将来のUターンを促進するため、島外通勤・通学者交通費助成金(週単位の通勤で限度額20万円など)が一定の効果を見せている」などと報告した。
菊森代理は、同研究所でまとめた「離島振興策のあり方と成功事例」の資料から、23年に行ったアンケートで「長崎県におけるUIターン者が考える必要な施策」として「①移住時の支援は、空き家・不動産情報23%、職業紹介17%②生活環境は、高度情報通信網整備17%③就業関係は、就業の場提供15%、奨励金支給・有志14%、などが上位」というデータや、種子島、隠岐の島の成功例を紹介した。
委員からは「中学校廃校跡地の活用」や「1次産業を主とした改革」などの案が出されたが、具体的な論議は第2回以降に設置されるテーマ別専門部会で行なうことになった。
会議は年度内にあと2回、27年度に5回を予定しており、28年度予算に反映させる方針。国の動向次第では27年度予算への反映も想定している。会議後、政策企画課に事務局を設置し、看板を掲げた。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/22

木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。

勝本町布気触の旧鯨伏小学校跡地に建設中だった社会福祉法人壱心会(岩永城児理事長)の特別養護老人ホーム「壱岐のこころ」(山内一也施設長)の開所…

20192/22

観光客が求める体験型メニューは。

県観光連盟が実証実験として販売している「長崎しま旅わくわく乗船券」の売れ行きが不振だと、長崎新聞に掲載された。昨年10月末の販売開始から今年…

20192/22

県内数人の快挙!壱岐商初の全商7種目1級合格。情報処理科3年、山口愛実さん。

壱岐商業高校(長池純寛校長、271人)の山口愛実(あみ)さん(情報処理科3年=芦辺中出身)が、昭和24年(1949年)の同校創設以来初めての…

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

ページ上部へ戻る