地域情報

大久保未里さん(壱岐高3年)入選 第61回県展洋画部門

第61回県展(県文化団体協議会など主催)の入賞者、入選者がこのほど発表された。
本市から入賞者はなく、入選は洋画部門の大久保未里さん、書部門の福田敏さん、写真部門の牧山武さん(2点)、松尾賢一さん(2点)の4人計6点だった。
入賞・入選作790点は16日まで佐世保島瀬美術センター、20日~30日まで諫早市美術・歴史館で展示される。今年度は本市での移動展は行われない。
洋画部門に水彩画「兆し」で入選した大久保さん(17)は本市入選者で唯一の高校生(壱岐高3年)。本市高校生の県展入選は近年はない。美術部に所属し、顧問の桑野雅嗣教諭の勧めで初めて県展に出品した。「先生からは、水彩は油彩に比べて不利だと言われていたし、プロの人も含めてすごい人たちが出品する県展で、まさか高校生の自分が入選できるとは思っていなかった」と驚きの表情を見せた。
作品は、石田町にある一本道の風景画(50号)。約4か月かけて制作した。空は厚い雲に覆われ、道路は冠水している悪天候の中、雲の一部に明るい光が差し、天候が回復する“兆し”が感じられる。「希望の兆しが見えてきた様子を、自分が好きな青、紫、水色、白だけで描いた」と大久保さんは作品への想いを語った。
子どもの頃からキャラクターなどを描くのが好きだったが、本格的に絵画に取り組んだのは高校入学後。「作品を描くようになって、これまで輪郭で見ていた物体に、奥行きがあることに気が付くようになった。生活の中でもいろいろと見方が変わってきた」と自身の成長を語った。
現在は10月16日締め切りの県高校美術展(県総文祭美術部門)に出品するため、「兆し」の構図を反対側から見た作品を油彩で制作中。高校生活最後を飾る展覧会で入賞を目指している。

 

関連記事

  1. アグレッシブに市政運営を。白川博一市長インタビュー
  2. 無制限・無補償の出力制御も 本市の太陽光発電
  3. 総額208億5600万円 新年度一般会計予算案可決
  4. 片山触歴史読本。立石さんが発刊。
  5. 「差別黙認は加害者と同じ」 フリーアナ 藪本さんが講演
  6. 市内で新規感染者3人判明。経済回復策を発表した直後。行政検査31…
  7. 5百個のキャンドルで偲ぶ 郷ノ浦精霊流しに540人
  8. カンボジアでの経験活かす。地域おこし協力隊員・石原さん。

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP