地域情報

目標超える支援金集まる 11月に野良猫不妊手術実施へ

壱岐の野良猫に不妊手術をする目的で、大村市の特定非営利活動法人「アニマルレスキューハッピーりぼん」(田崎直美代表)が実施してきたクラウドファンディングが12日に締め切られ、延べ475人から当初の目標3百万円を上回る456万1千円の支援金が寄せられた。
クラウドファンディングは3月22日に開始。4月28日に目標の3百万円を達成したことから、第2目標を450万円に設定。手術する頭数も当初の80頭から160頭に増やした。手術は島原市の獣医師の協力で、11月に本市で実施予定。どの野良猫に手術を施すかなどは、今後、壱岐の犬猫保護団体「壱岐島わんにゃんお守り隊299」(松嶋純子代表)と検討して決める予定。
田崎代表(53)は「美しい壱岐島が、猫にも優しくより良い環境になることを願って、全国の方々からご支援いただいた。心から感謝したい。今回160匹の手術を予定しているが、島の猫たちのほんの一部。これをきっかけに、猫たちの不妊手術への関心を持ってもらい、島全体の猫たちの環境が良くなるように、壱岐島わんにゃんお守り隊299と連携して頑張りたい」と話した。
お守り隊299の松嶋代表(48)は「長崎県は全国で殺処分ワースト1、その中でも壱岐市はワースト1の島。だから変えたいし変えないといけない。島民の皆様の協力が必要。人にも動物にも優しい島でありたいと願っている」としている。

関連記事

  1. 26年観光客延数は53万6千人 前年比4・0%の減少
  2. コケで癒し空間提供。美容室K`sの松嶋さん。
  3. 議会は「庁舎建設が必要」と結論 採決は賛成11、反対3 庁舎建設…
  4. 4合以下の瓶、回収変更へ。壱岐酒造協同組合。
  5. 特養老人ホーム「壱岐のこころ」開所
  6. イルカパーク入園者100万人~10月7日、オープン23年目で達成…
  7. 路線バス初山線が運行休止 送る会で運転手に花束贈呈
  8. 無人島・妻ヶ島が蘇る。サバイバルキャンプの聖地へ。8月から利用開…

おすすめ記事

  1. 長岡美桜さん(壱岐高2年)が最優秀賞 県高校総体ポスター図案に採用 自身が取り組む やり投げの図案
  2. ワカメ大きく育って 三島小児童が養殖体験
  3. 政治家・候補の立看板撤去を

歴史・自然

PAGE TOP