© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

山口幹雄賞は吉岡博子さん 第58回市美術展覧会

市美術展(山口幹雄賞を受賞した吉岡博子さん) 第58回壱岐市美術展覧会(市美術協会主催)が14~16日に壱岐文化ホールで開催され、絵画43点、写真47点、彫塑・工芸28点、書32点の計150点(89人)が展示された。
16日に各賞受賞者41人の表彰式が行われ、全部門の中から最高賞にあたる「山口幹雄賞」は絵画「アイリス」を出展した勝本町の吉岡博子さん(80)が受賞した。
吉岡さんは夫を亡くした25年前から「老後の楽しみに」とサークルで絵画を習い始め、市展はほぼ毎年のように出展を続けてきた。平成18年に「壱岐文化協会賞」を受賞して「描き続けてきたことがこのような賞で認められて、もう満足」と思っていただけに、最高賞の受賞は「まさか、という気持ちでした。身に余る光栄です。もう80歳になりましたが、この賞を励みにこれからも描き続けていけたらと思っています」と感激した。
作品「アイリス」は、勝本朝市で購入して部屋に飾っていたものを描いた。「何度も描き直しながら、コツコツと1年間かけました。花色の青にはこだわり、試行錯誤しました。体調の良い日だけの作業なのです。その気負っていない気持が良かったのかもしれません。息が詰まると絵筆も詰まるものです」と創作への取り組みについて語った。
壱岐新聞社賞は絵画「午後のひととき」を出展した石田町の松本美智代さんに贈られた。
吉岡さん、松本さんの作品をはじめ県知事賞、市長賞、市教育委員会賞、新聞社賞、壱岐文化協会賞を受賞した計21点は、27日まで小金丸記念館で、28日から来年1月25日までは一支国博物館で「特別展」として展示される。
◆市美術展覧会受賞者
▽山口幹雄賞 絵画「アイリス」勝本・吉岡博子
▽県知事賞 坂口彰一(絵画)、森山静子(彫工)、松山秀樹(書)、牧山武(写真)
▽壱岐市長賞 斉藤弘子(絵画)、梶田聖子(彫工)、熊本長治(書)、立川千賀子(写真)
▽市教育委員会賞 渡野栄治(絵画)、野元敬純(彫工)、西村光國(書)、作元順子(写真)
▽新聞社賞 松本美智代(絵画)、山内昌子(彫工)、宝亀智津子(書)、原田登志子(写真)
▽壱岐文化協会賞 長嶋清亮(絵画)、吉永昭子(彫工)、豊永由美子(書)、鳥巣修(写真)
▽市美術協会賞 植村多恵子、豊坂元子、宮津富子、深山彰子、田口和夫、末永利代子(以上、絵画)、空閑清子、横山良治、山川生男(同彫工)、西純子、山口優子、吉野俶子、川久保瑠未、石原美津子、瀬川美枝子(同書)、篠﨑和雄、土谷つや子、作元正隆、平田春子、西野恒信(同写真)

市美術展(山口幹雄賞に輝いた吉岡さんの「アイリス」)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/22

木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。

勝本町布気触の旧鯨伏小学校跡地に建設中だった社会福祉法人壱心会(岩永城児理事長)の特別養護老人ホーム「壱岐のこころ」(山内一也施設長)の開所…

20192/22

観光客が求める体験型メニューは。

県観光連盟が実証実験として販売している「長崎しま旅わくわく乗船券」の売れ行きが不振だと、長崎新聞に掲載された。昨年10月末の販売開始から今年…

20192/22

県内数人の快挙!壱岐商初の全商7種目1級合格。情報処理科3年、山口愛実さん。

壱岐商業高校(長池純寛校長、271人)の山口愛実(あみ)さん(情報処理科3年=芦辺中出身)が、昭和24年(1949年)の同校創設以来初めての…

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

ページ上部へ戻る