スポーツ

下條雄太郎が九州スポーツ杯制覇 GⅠ海の王者決定戦は優勝戦3着

 本市出身のボートレーサー・下條雄太郎(30)が、4~9日に地元・大村ボートレース場で行われた熊本地震被災地支援競走・九州スポーツ杯で優勝した。一昨年5月の大村・GW特選レース以来、約2年ぶり通算9個目のタイトルで、地元・大村では3勝目となった。
 下條は初日から好成績を続け、8日の準優戦は12Rで逃げ切り1着。9日の優勝戦は3号艇となったが、1マークで1、2号艇の間に果敢に入れて、1周目は3艇が横並びとなる激しいデッドヒート。2周目2ターンで先頭を奪い、そのまま押し切った。レース後のウイニングランでは、満員のスタンドに笑顔で手を振った。
 また、12~17日に同じく地元・大村ボートレース場で行われたGⅠ海の王者決定戦では、優勝戦進出を果たした。
 下條は、内枠が圧倒的な有利な大村コースで、予選2戦目で4号艇2着、4戦目で6号艇2着と果敢な攻めで連対を果たし、1号艇だった3戦目も堅実に1着。2号艇だった準優戦は1号艇の森高と抜きつ抜かれつの大熱戦を展開。惜しくも2着に敗れたが、地元代表として抜群の存在感を見せた。
 17日の優勝戦は地元勢唯1人の進出。4号艇から3着に善戦した。

関連記事

  1. 資源回復には産卵期漁獲規制を 市マグロ資源を考える会総会
  2. 学生スポーツの栄誉称え、1団体と3人に市長特別表彰。
  3. 熱帯夜にフラダンス 筒城浜でフェス開催
  4. 3企業女子陸上部が合宿 筒城ふれあい広場工事に提案も
  5. 3競技に163人出場 青少年武道大会
  6. 離島留学生5人を入市式で歓迎 壱岐高校東アジア・中国語コース
  7. 壱岐SSCが両クラス制覇 JC旗佐世保地区少年サッカー
  8. 箱ものへの嫌悪感ぬぐえず 庁舎建設住民投票を考える

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP