© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

壱岐高で入会式 ヒューマンハート部

ソロプチミスト(贈られた花苗を植えつけたヒューマンハート部のメンバー)地域に根ざしたボランティア活動などを続けている壱岐高校ヒューマンハート部(田島美波部長、19人)の新入生6人に対して、国際ソロプチミスト壱岐(中原恵美子会長)が19日、「Sクラブ」入会式を実施した。
Sクラブとは、国際ソロプチミストがスポンサーとなり、学校や地域に対して役に立ちたいと考えている中学生・高校生の活動を支援する組織。同部は1995年に発足し、毎月の老人福祉施設への訪問活動などが評価されて、結成10年目の2005年にSクラブの認証を受けている。
入会式では「人類の平和と福祉のために心を傾け、力を発揮することを誓います」などのSクラブ誓約を唱和し、助成金(3万円=老人福祉施設への手作りプレゼントの材料費などに活用)の授与などが行われた。
田島部長(3年)は「3年生はもう引退となりますが、ボランティアを通して多くの人と出会えたことが財産になることを1年生に伝えたいと思っています。部で学んだボランティア精神を忘れずに、将来目指している看護師の仕事にも役立てていきたい」と語った。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/8

多彩なイベント開催。ごうのうらひろばの日

郷ノ浦商店街の秋祭り・ごうのうらひろばの日が3日、壱岐の島ホールで開かれた。 開会を飾ったのは「いき伴」。「認知症になっても安心して暮…

201911/8

沈黙は容認と受け取られる。

1日に本市で開かれた県原子力安全連絡会は、玄海原発のUPZ(30㌔圏内)に入る松浦、佐世保、平戸、本市の4市が原子力防災や安全対策などの情報…

201911/8

空港滑走路延長には難色、後継機にATRを検討。壱岐市から県知事要望。

壱岐市から県に対しての要望活動が10月31日、県庁特別応接室で行われ、市側からは白川博一市長、豊坂敏文市議会議長、山本啓介県議らが、県からは…

201911/1

GCは吉井さん生産「けいこ」。和牛共進会は芦辺が席巻。

第10回市和牛共進会(JA壱岐市主催)が10月23日、壱岐家畜市場で開催され、種牛の部1部(若雌1)9頭、2部(若雌2)9頭、3部(繁殖雌牛…

201911/1

「誰一人取り残さない」難しさ。

市内18小学校区のトップを切って、10月1日に三島地区のまちづくり協議会が設立した。その迅速な対応、作成された計画書のレベルの高さなど、三島…

ページ上部へ戻る