地域情報

市制20周年記念「NHKのど自慢」 本市で4回目の開催に20組出場

 壱岐市政20周年を記念した「NHKのど自慢」が2日、壱岐の島ホールで行われた。本市での「のど自慢」開催は平成30年7月以来4回目。ゲストは石川さゆり、大江裕、司会は二宮直輝アナウンサーが務めた。
出場申し込みには309組、約1100人の応募があり、書類選考で200組(うち壱岐在住者151組)が1日の予選会へ。予選会の結果、13歳から82歳までの20組22人(同18組20人)が2日の公開生放送に出場した。
合格の鐘が鳴らされたのは7組で、このうち高校生2組を含む6組は壱岐在住者、1組は壱岐出身者。合格者から1組が選ばれる「今週のチャンピオン」は、市内ホテルの営業部長を務める石田町の木下隆靖さん(55)が、「戦士の休息」(町田義人歌唱)を歌い選出された。木下さんは平戸市のホテルで勤務していた時に「映画『あなたへ』の撮影で俳優・高倉健さんが3週間宿泊された。その時の高倉さんの心配りに感激し、いまでも私のサービス、おもてなしの基礎になっている」と人生の師となった高倉さんへの気持ちを込めて、高倉さんが出演した映画「野生の証明」の主題歌を歌い上げた。
木下さんは受賞に「感無量です。いまでも手が震えています。合格の鐘も信じられなかったのに、チャンピオンとは」と喜びを表した。
ゲストの大江さんは「時代の海」、石川さんは「約束の月」を熱唱。放送終了後にも会場を訪れた約7百人の観客のために石川さんは「津軽海峡・冬景色」、大江さんは「のろま大将」を披露した。壱岐について大江さんは「壱岐はイキがいい。魚と海が大きな魅力。故郷に帰ってきたような落ち着いた気持ちになる」、石川さんは「昨日、アカウニを頂いた。こんな美味しいものを食べさせて頂き、歌手になって良かったなあ。雨で青い海を見られなかったが、海の幸を満喫でき、猿岩で記念撮影もした。もっと居たい、また来たい。どうにか壱岐でコンサートができないかしら」と壱岐の魅力を強調した。
白川博一市長は「『のど自慢』は国民に親しまれ、愛されている人気長寿番組で、全国だけでなく世界で放送されている。壱岐の魅力も世界に発信されることを楽しみにしている。ゲストの石川さん、大江さんにも、様々な場所で壱岐のPRをお願いしたい。NHKにはぜひ、壱岐を題材とした番組を制作して頂くことも期待している」と話した。

関連記事

  1. 県内唯一のビール醸造所。アイランドブリュワリーがオープン。
  2. コロナ鎮静願い鏡開きも。壱岐大大神楽奉納。
  3. 市議会新議長に鵜瀬和博さん(46) 情報公開の推進を明言
  4. 4月下旬リニューアルオープン。イルカパークを観光の目玉に。
  5. 郷ノ浦図書館の移転計画、旧公立病院跡地に図書館建設へ。
  6. 海難救助を体験 八幡小で安全教室
  7. 壱岐のギネス記録がピンチ!!
  8. ツルの北帰行始まる。山崎地区に約50羽の群れ。

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP